りょうこのブログ

現実と妄想両方です。

  • 記事数 208
  • 読者 46
  • 昨日のアクセス数 1597

ゆかの初体験

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2017/07/24 17:37:31

  • 6
  • 0

としやとの高校時代は、今から考えると

目を覆うものだった。

元はとしやとは家も近く、幼なじみだった。

でも、としやは中学から私立の進学校へ

行き、ゆかは、地元の公立中から、

中くらいの私立高校へ進学した。

としやの事は、頭にもなかった。

ゆかは、高校になると勉強もせず、遊び歩き

親に英語塾に入れられてしまった。

その英語塾にいたのが、としやだった。

としやは、優秀で一流大学を目指していた。

ゆかは勉強は苦手で、いつもとしやに

教えてもらっていた。

「としや、すごーい!頭いい~!」

尊敬が恋心に変わるのに、時間はかからなかった。

としやもまんざらではなかった。

告白はとしやからだった。

高校2年生のクリスマスイブ、一緒に

「ボディーガード」という映画を

見に行った。その帰り、としやが

「ゆか、付き合って欲しい。だめかな?」

「ゆかも、としやと付き合いたい。」

としやは、いきなりキスをしてきた。

ゆかの初めてのキスだった。

ゆかはドキドキがおさまらなかった。

控え目な性格に見えたとしやだったが、

付き合い始めると、どんどんエッチな

要求をし始めた。

ひとけのない所へ来ると、決まって

「ゆか、股を開いてしゃがめ。

そう、おしっこするみたいに。」

「いや、いや、恥ずかしいよ。」

「気持ち良くしてやらないぞ。」

ゆかがしゃがむと、パンツの上から、

割れ目を何度もこすって来た。

特にクリトリスをこねまわした。

ゆかは、初めて気持ちいいと知った。

そのうち、パンツがびしょびしょに

なるようになった。

気持ち良すぎて、おしっこを漏らす事もあった。


「ゆか、気持ちいいんだろう?

エッチだなぁ~クリトリスぷっくり

膨らませて。パンツびしょびしょにして。

恥ずかしくないのかよ?」

「おまんこの穴に、何か入れて欲しいの。

ウズウズするの。」

「ちんこ入れても、いいのか?」

「壁に手をついて、けつをつき出せよ。」

ゆかは言われた通りにした。

「いや~!!いたい、はいらないよ………」

それでもとしやは、無理やり押し込んだ。

「いたい、こわれるよ………できないよぉ」

としやは、クリトリスをこすって来た。

「あっ!きもちいい………もっとして。

おまんこいたいの。ぬいてよぉ。

「うごかすぞ。がまんしろ!」

「いやぁ~ひぃ~いや~!」

ようやくとしやが、いった。

「おまんこひりひりする。」

ゆかの初体験は、外でした。

たしか小学校の非常階段だった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 高校生は、ホテルに入るようなお金なんてない。でも性欲は止...

  2. 将来の夢も、行きたい高校もなかった私。親も、勉強に関して...

  1. 理由

    2014/12/28

    2月までにしたのには、もうひとつ理由がありました。長男...

  2. 私→倉本ひさ。高校一年生。南高校。元彼→駿介(駿...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/23 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 荷物の上に座られてモヤモヤ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3