真夏の白昼夢

望まない妊娠、産まれた子の人生、壮絶な半生とは?お時間ある方はのぞいて下さい。

  • 記事数 6
  • 読者 2
  • 昨日のアクセス数 1

母の白昼夢5

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2017/07/24 04:49:46

  • 1
  • 0

次の日からセイジは今まで気にもしなかった

ミチという事務員の存在を、目で追う様に

なっていた。

眠っていたミチの目から一筋流れ落ちた光、

見てはいけないものを見た気がする

と、同時に、心の柔らかい物がエグられた

ような不思議な感覚を覚えた。

その感覚がなんだったのか、頭で理解出来な

いもどかしさは、セイジがミチへの

興味を示すには十分な理由であった。

しばらく観察していると色々な事がわかって

きた。

彼女は保育園に預けている子供がいる事。

毎日お弁当を持参してお昼は外で食べない事

そして子供と二人暮らしなのだという事、

、、これは確信を持つ出来事が、3日後に

起こったからである。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. その日から私の目には薄ピンクのフィルターがかかったように...

  2. 私は何年も疎遠な母の自宅を探し出し小さな子供2人を連れお邪...

  1. ピロートークもたくさんしてきたので、このとき何を話したのか覚...

  2. 毎晩

    10/12

    毎晩お決まりの様に晩酌をし、夕食を食べ、、、、そして終ると...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/20 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. 不倫相手と関係切れていなかった
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3