真夏の白昼夢

望まない妊娠、産まれた子の人生、壮絶な半生とは?お時間ある方はのぞいて下さい。

  • 記事数 6
  • 読者 1
  • 昨日のアクセス数 1

母の白昼夢4

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2017/07/24 00:49:40

  • 1
  • 0

まひろが生まれて半年、母子家庭であった

為、保育園への入所が決まった。

勤めていた会社の先輩が、知り合いの職場

を紹介してくれたのでとりあえずはそちらに

お世話になる事にした。

しかしまひろは熱を頻繁に出した。いや、

赤ん坊というものはとかく病気がちらしい。

早退して保育園へ迎えに行く。病院へ行き

朝まで寝ずの看病だ。父親がいない分

気を張っていたのだろう。そんな生活を

一年続けた頃、ついに会社で倒れてしまった。



営業から帰ったセイジは事務員が

床に倒れていたのを見て最初ふざけている

のかと思った。

しかし事務員が動かないのを見て

これはただ事ではないと気づいた。

「ミチさん、大丈夫ですか?」「うーん」

かすかにミチの

唸り声が聞こえた気がする。

生きてた!とりあえずソファーまで運んで

頭に濡らしたタオルを置いてみた。

やがてミチから寝息らしきものが聞こえて

きた。セイジは辺りを見渡した。

従業員10人足らずの小さな会社である。

社長をはじめ従業員は全員出払っており、

夕方迄はほとんど事務員一人しか居ない。

今日の営業は先方の記憶違いでドタキャン。

まだ成績を上げていないが、行くあてもなく

会社で準備をしようとの早帰りであった。



あれ?彼女結婚してたんだっけ?子供いる

んだよな、、、俺より5歳年上だっけ、

なんて事を考えながらセイジは、

事務員の寝顔を見続けていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 今月も差押えで約22万振り込まれました。ありがたや〜( ´...

  2. 恒例の集会(?) 楽しむ人の集まりである        ...

  1. 51

    02/01

    ・・・・11月・・・・宇田ッチが東京に来て5ヵ月。社長...

  2. 正社員3社目 私は当時22歳不動産関係の会社雇われ社長...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/21 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3