夢・妄想・現実(スーさんのブログ)

  • 記事数 85
  • 読者 56
  • 昨日のアクセス数 60

かんらんしゃ

しおりをはさむ

2017/07/23 22:24:24

  • 5
  • 0

そういえばユーミンの歌にあったな
などと思いながら、混雑している遊園地の列に並ぶ。

夕暮れの空を
ふたりで眺めたらロマンチックだと思うけど

きっと、空を眺めるのは彼だけ。

開いたドアの中に二人で入ると
係員の人が外から鍵をかける。

事前に言われた通り
前開きのデニムのワンピースの下は何も着ていない。

彼の腕にひかれて隣に座ると
まだ列に並ぶ人が見えているというのに
ワンピースのボタンを外すようにと言われた。

「大丈夫。外からは見えないから」

そんなことを言う彼の視線の先にある隣りのゴンドラでは
カップルがキスしているのがハッキリ見えている。

「ほら、時間が無いぞ」

すでに膨らんでいる彼のその場所に左手をおいて
右手でワンピースのボタンを外す。

2つ目を外したところで彼が左手で私の右の胸に触れた。

「あ・・・」

周りからほとんど丸見えのこの場所で
吐息を漏らす自分に呆れながらも

彼のものに触れたくて、急いで全部ボタンを外すと
ズボンのファスナーを下ろした。

手で撫でまわしてから、口に含む。
興奮していることがわかるほど
大きくて、硬い。

「ハーモニカを吹くみたいに」
と彼に言われた通り、裏側に唇を滑らせる。

唇の間から舌を少し出して小刻みに動かしてみたり
すぅーっと音がするくらい吸ってみたり

ズボンを履いたままでは袋のほうまで
じっくり舐められず

仕方なく舌を尖らせて入り込ませ、筋をなぞった。

舌を広げて先端を回すようにして押し付けながら
舐めまわすと

どんどん硬さが増して、血管が浮いてくる。

輪にした指で上下に動かしながら
唇と舌で唾液まみれにする。

「いくぞ」
と、いう彼の声で動きを早くしていくと

ゴンドラが頂上から少し降りたあたりで
彼の絶頂が口の中に広がった。

ゆっくりとこぼさないように
全部きれいに舐めとり

彼のものをファスナーの中にしまい

ワンピースのボタンをひとつずつ閉めていった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 覚悟を決めて秀明さんの手の動きに息を潜める。...

  2. モリヤくんはさっきのまま、私のバストの間に顔を埋めている。...

  1. 大きな駅のすぐ近くにある高層マンションの最上階。智也...

  2. 『な…浪川さん…』『口の中に入れて欲しい?』コクンと...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/23 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3