ブログランキング39

ほんわか日記

何気ない日常

  • 記事数 538
  • 読者 281
  • 昨日のアクセス数 9595

2017/07/23 15:27:38

  • 43

海辺の町の夏祭り、おかあさんが浴衣を縫って待っていてくれました。

でもそれがおかあさんに会った最後だったのです。

それまでに私はリクと結婚できました。
リクは、親もいない自分とでは、私は幸せにはなれない、そんな風に思っていて、わざと私に嫌われるような事をしていたようです。でもたぶん、そんなリクを説得してくれたのは先生だったようです。

そんな事はないというのは建前で、社会では、リクや、私のような後ろ盾のない人間には割と厳しいんです。
それでもリクは必死で頑張っていました。

そんな時、おかあさんが亡くなったという知らせを受けました。おかあさんは癌で、先生はその為に実家に戻っていたのです。

おかあさんが亡くなった事で、私は、先生の弱い姿を初めて見ました。先生と家族のような気持ちに、その時、なれたんです。
リクからも言われて、休める限り休んで先生のそばにいました。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 「先生・・・それって・・・」先生「言わないつもりだった...

  2. 505.先生

    2016/05/20

    『もうさ... 彼女の為に... 別れてあげ...

  1. ーーーーーーー望月 瑠奈ーーーーーーーこの春から女子高...

  2. 連絡

    2013/11/25

    小学校の先生から連絡があった。一度、先生と親と保...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/23 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3