• 記事数 9
  • 読者 2
  • 昨日のアクセス数 121

百花と 6

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 回顧録

2017/07/23 13:57:57

  • 1

「今誰も居ないから、大丈夫ですよ。」

澄くんの家の玄関で固まっていると、そんな風に声を掛けてくれた。


「そうなんだ…」

でも、違う意味で緊張してくる。





靴を脱いで揃えて

「結さん、上ね。」

「あ、はい。」

階段を上がる澄くんに付いていって、扉が開いて……



澄くんの部屋。






弟の部屋とよく似てる。

フィギュアが綺麗に並んでて、
本棚に漫画がズラリ。

多分、これが普通の男の子の部屋…なのかな。







「ここどうぞ。」

「……はい。」

用意されたクッションに腰をおろすと、澄くんはその隣に。



テーブルに買ってきたジュースとお菓子を並べてたら
する事はもうなくなった。

すぐ食べ物に手を出すのもちょっとね。




「結さん。」

「はいっ。」

「プッ、さっきから敬語ですよ?」

「え…そう……だった?」

「はい(笑) 緊張してますか?」

「そりゃ、するよ… 澄くんは?」

「バクバクです。」

「ウソ。」

「ホント。」



私の手を掴んで、その手は澄くんの胸に。


「でしょ?」

「……分からない。」


すごいドクドクを感じたけど、これは私の指の毛細血管が…


「これなら?」

「!!!!」


頭まるまる持っていかれて、目の前が澄くんの胸。

これこそ…もうなんだか……








「だって結さんのこと、前から好きだったんです。」








同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. リクを引っ叩いても自分の手が痛いだけで…スッキリもしない?...

  2. スーパーの袋を2つ持って、走れるだけ走った。走って帰らなく...

  1. マンションの下まで降りてお迎え。あ、もう居る。真人さ...

    Short cut

    • 287
    • 6
  2. 早く会いたくて、普通に出社するくらいの時間に家を出た。...

    春の風

    • 256
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/22 編集部Pick up!!

  1. あり得ない発言する義叔母が苦手
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3