ブログランキング25

ほんわか日記

何気ない日常

  • 記事数 753
  • 読者 314
  • 昨日のアクセス数 9380

2017/07/23 07:16:53

  • 38

手桶に水を入れて、教えてもらった場所へと歩く。晴天ではないけれど、降るというでもない、灰色がかった重たげな雲。暑さが絡みつくって感じ。

どこかしらか、お参りに来た人がいるようで、うっすら煙と、御線香の匂いがしてくる。

ユキちゃんは、シンさんの家の代々伝わってるお墓に入っていた。
墓碑にはちゃんとユキちゃんの名前が彫られている。
まだそんなに古くはないのだろうけど、暑さのせいなのか、しおれている花を、持ってきた百合の花に入れ替える。
百合の香りってすごく強くて、途中からトランクに入れたんだけど、無事だった。

ねえユキちゃん。この花は私のおかあさんになってくれた人の花なんだよ。

ユキちゃんはまだ怒ってる?
でも今日だけは許してほしい。何も知らなかった私を、育ててくれたのはユキちゃんだもの。

何があっても私はユキちゃんの事、嫌いにはなれないし、忘れることもできないの。

でもこれきりにする。ユキちゃんには、シンさんも、それからふたりの子がいるんだもの。

あの時は訳がわからなかったし、お葬式にも出られなかった。

お見舞いに行っても会えなかったしね。
なんとなく、ユキちゃんの気持ちもわかるような気がします。

だから、これきりにします。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 90

    07/22

    今日は先生にお願いして、ユキちゃんのお墓詣りに行きます。...

  2. 111 悩み

    2015/07/22

    その日、そのままユキとはバイバイした。家まで送って...

  1. ハルタは、黙ったまま、お墓の花器に地面に置いた桶から柄杓で水...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/21 編集部Pick up!!

  1. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ
  2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  3. 共稼ぎなのに夫が家事をしない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3