サオリのブログ

現実と妄想両方です。

  • 記事数 208
  • 読者 57
  • 昨日のアクセス数 359

あやの手術

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2017/07/22 22:45:31

  • 3
  • 0

今日は、とうとう、あやの手術の日。

あやは、右胸をじっと見て、目に焼きつけた。

「あやさん、そろそろ時間です。」

ストレッチャーに乗って、手術室に向かう。

「ママ!」

あおいと、かずさが見送る。

5時間がたった。手術室の辺りが

あわただしくなった。

まだ、眠ったままのあやが、手術室から

出て来た。

「ママ!」

「ママはどうなの!?」

あおいと、かずさが主治医に駆け寄る。

「手術は、上手くいきましたよ。

ご安心下さい。」

「後、念の為、抗がん剤をします。」

「もうすぐ、目が覚めるでしょうから、

ショックを受けるかもしれません。」

「どうしよう?何て言ったらいいの?」

「ママ!」

あやの目が開いた。

あやは、右胸に手を当てた。

あやの目から、涙が流れた。

あおいもかずさも、何も言う事が出来ず、

ただ、見守っていた。

「あや!!」

突然、病室のドアが開いた。

ゆうたが駆け寄った。

「あや、大丈夫か?あやがいてくれる

だけで、いいんだ。何も気にするな。」

「県予選は、勝った?」

「もちろん勝ったよ!」

「甲子園に行くからな!」

「あおい、かずさ、ありがとう。」

「かずさに、話しがあるんだ。

僕は、ママと結婚したんだ。

話すのが、遅くなってごめん。

かずさは、結婚に反対か?」

「ううん、嬉しい!」

「でも、かずさが卒業まで、内緒だぞ。」

「かずさの卒業まで、ママと僕と3人で、

暮らそう。あおいも、ちゃんと帰省しろよ。」

「今日は、かずさもあおいも僕のうちに

泊まれよ。今日から、親子だぞ。」

「あやは、何も考えるな。あやの入院中に

新居を探しておくから。」

「そろそろ面会時間が終わる。

あや、また明日来るから。」

「うん。ありがとう。」

3人が帰って、あやは我に帰った。

「あやのおっぱい、ないんだ…………」

あやはどうしても、傷跡が見られなかった。

おっぱいなくても、本当にゆうたは、

あやの事好きなのかなぁ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 朝いちで、はんこを持って、ゆうたと市役所に行った。ま...

  2. 手術は午後から熱もすっかり下がっていた。ひろは1度家に...

  1. 近所の産婦人科を受診して紹介状をもらって1週間。あやもさ...

  2. 「…残念だけど、流産してますね。」…やっぱりそうだった...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/21 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. 未婚なら複数交際するのはありか
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3