夢・妄想・現実(スーさんのブログ)

  • 記事数 85
  • 読者 56
  • 昨日のアクセス数 40

2017/07/22 17:22:01

  • 4
  • 0

夕方の少し混んでいる片側一車線の道路。
狭い歩道には歩行者と、時々自転車が通っている。

促されて彼のズボンのベルトに手をかけ
ボタンを外しファスナーを下ろす。

下着をずらすと、すでに半分起き上がったものが
ピョコンと顔を出した。

軽く握り、人差し指で先端に円を描く。

車の中から見えるほど
外からは見えないのかもしれないけれど

ゆっくりと進むこのスピードで
口をそこへもっていくのは少し抵抗がある。

「咥えないなら、出すな」

無表情な彼の声。
横顔を伺っても、目が合うことはない。

無理強いを好まない彼のことだから
このままやめても不機嫌になることはないけれど。

私は彼の膝に手をかけて口で彼のものを覆った。

頭を上下に動かせないので
咥えたまま舌を広げたり尖らせたりしながら舐めまわし
根元近くを握った指を少し上下に滑らせる。

唾液を溜めて擦り付け、音を立てて吸い上げていくと
彼のものが太さと硬さを増していく。

車が停まり、踏切の音がした。
彼が頭をグイっと押して、外から見えにくいようにする。

動けない私は口の中のものを、舌の先で遊ぶように
軽く弾いていた。

顔を上げることのできないこの体勢は
正直いって、キツイ。

緩いカーブでも遠心力が頭に掛かって車酔いしそうだ。

そんな状態を知ってか知らずか
ここから先の道は上り下りとカーブが続く。

ここまで続けてしまったのだから
途中でやめるのも悔しい気がするけれど

彼はどこまでのつもりでいるのだろうか。

ちょっとだけボーっとする頭で考えていたら
車はカーブで大きく傾いた。

膝にのせる手に力を入れた私の頭をポンポンと叩いて

「いくぞ」
と、彼がつぶやいた。

頭を少し上げ、手を小刻みに動かして
唾液を擦り付けながら手と連動して唇と舌を動かす。

腿に少しだけ力が入り
彼のものがグイっと口の奥に押し付けられた。


口の中に広がる味を
こぼさないように啜って全部飲み込む。

彼のものを綺麗に舐めると
優しい手に頭を撫でられた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    MyhoneyCin...

    18時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18241 / 読者数 4109

  2. 2

    When love ...

    8時間前

    リノ

    記事数 694 / 読者数 1360

  1. 3

  2. 4

関連するブログ記事

  1. 夏輝の下着を脱がす期待してか 、ちょっと半勃ちしてる足...

  2. 「リコ、イッちゃった?」いたずらっ子みたいな顔でイッた顔...

  1. 静かに車は走り出す。私は彼の右腕に絡みついた。顔を少しあげる...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       リキは自...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/25 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 新築お披露目で義両親にイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3