好きな様に感じるままに!

俺 自由 俺を感じて…

  • 記事数 989
  • 読者 91
  • 昨日のアクセス数 212

♧abc…罠…因縁…〆…22

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 短編

2017/07/22 17:50:57

  • 4










イオリくんの解説が終わる頃には


嵐が去り


【 カフェ・フェルマー 】の窓の外も


穏やかに…







……







「皆さん…お腹空きませんか?

サンドウィッチで良かったら

すぐに出来ますけど…


(全員挙手)



「 由羅さん…私は飲み物の準備を…」っと


神宮寺 朱鳥ちゃんが言ってくれた

私はエプロンを彼女に渡しながら


「 はい…よろしくね…」と








彼女は神宮寺神社の跡継ぎで巫女







神宮寺神社は


暴れ鬼を退治し封印している神社だと


私は朱鳥ちゃんから聞いた


その時…朱鳥ちゃんは笑いながら


私に

「 これは極秘事項だよ…由羅さん…」と

言い


「 私は…異能力者です…」っと言い笑った





そんな事を思い出したり


朱鳥ちゃんと楽しくGTしながら






サンドウィッチを切り分けて

お皿に

ピクルスとフライドポテトを添えて…




「 お待たせぇー


(私はテーブルの上に置く)


こっちが…

アボカドと生ハムとスモークサーモンサンドで


こっちが

パラミストサンドにベーコンエッグサンド


皆んな若いしお腹空いてるって

言ってたからボリューム満点のサンドを

たくさん作ったから

食べて…食べて…」




夏菜ちゃんが一番乗りで


「 イオリの解説を理解する為に

頭使ったから…お腹空いたぁーーっ」






「 はーい…皆んなぁ

飲み物はこっちに準備して有るからね

好きなものをどーうぞ…」と朱鳥ちゃんが




朱鳥ちゃんはお皿に

サンドウィッチを取り分けて

PCモニターとにらめっこ中の

イオリくんの所へ。。。 お似合いな二人







「うわー凄いぃ…」と夏菜ちゃんが


一口食べて


「 美味しい…💕ウフフ

由羅さんは…美人でお料理上手

カフェ・フェルマーも助かるよねぇ…」





私はオーバーアクションで

サッと右手を胸に当て

お辞儀をして見せた



「 ありがとう…夏菜ちゃん

一応…調理師免許を持っておりますから

私…ほほほ…」っと笑って見せた





夏菜ちゃんがフライドポテトの塩が付いた

指先をナプキンでふきとりながら



突然



「 イオリも…朱鳥も…由羅さんも

苗字に『 神 』が入るんだよね

神宮寺に神谷に宝神だよ

「 神 」かぁぁ…何かいいかも〜…」



それを聞いた春斗くんが

双子妹の夏菜ちゃんに


「 イオリと結婚すれば

神谷 夏菜だよ…」っと言った瞬間



ガシャンッ💥


朱鳥ちゃんがグラスを落とした…
《ゴ、ゴメン》と小さな声で





夏菜ちゃんは


「 やめてよぉ…春斗

私は結婚なんてしませんからね…」




春斗くんがサンドウィッチを

どれにするかを選びながら


「 大丈夫だ夏菜…お兄ちゃんが

保証する…

お前と結婚する奴は…不幸確定だ…」



「 。。。💢」



「 あははは…」と


イオリくんが大声で笑った



春斗くんのこの言葉に私は

笑って良いのか迷う所だわ💦…









春斗くんは口数が少ない

クールで繊細で神秘的な美男子

瞬きする事も忘れてジーッと見てると

身体が…











「 ゆ、由羅さん…」って名前を春斗くんに


呼ばれ…ハッと我に返った


顔が熱くなる…六つも年下の男子に


私ったら……





「 由羅さん…これ…」


春斗くんが私の目の前に

ジュエリーボックスを出した…



「 えっ?」…ドキドキ…何?何?





私の思わぬ反応に驚いてからの

初めて笑った顔を見せてくれた春斗くん



恥ずかしいけど凄く得した気分の私…



「 瑠奈から預かって来た…」





瑠奈さんは春斗くんと夏菜ちゃんのママ

お色気フェロモンが凄くって私はクラクラ

目眩が…

Mとここを訪れた日に

私の淫乱な体質を…瑠奈さんに

診察して貰い直ぐに治療してくれた…









その瑠奈さんから…私に何だろ⁈





私は春斗くんから

ジュエリーボックスを受け取って

開けてみた…




指輪が入ってた💍


小さな青く光る石と…リングには

何か文字が刻まれている


不思議な指輪…







「 瑠奈からの伝言…」



と言いながら指輪💍を

ジュエリーボックスから外し



「 貴女の中の淫魔は…消えてはいない

この指輪には…貴女の中に居る淫魔が嫌がる

護符が刻まれて居るから絶対に

外さない様に…」と言い終わると




春斗くんが私の右手薬指に💍を…



「君を守る指輪だ

絶対に外すなよ…由羅さん…」



耳元で囁くなんて…反則




カァーッと身体が燃えるように熱く


この反応は



どっちの力?




指輪…💍…⁈




それとも 。。。




春斗くんのクールな瞳に



お姉さんは…お姉さんは



も〜う…耐えられませ〜ん…








……




……

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 小説)虎32

    2016/09/23

    「いらっしゃいませ!何かお探しですか?」 「あ……婚...

  2. 339

    2015/08/12

    パパがママにプロポーズしたお店なんて、私知らなかった。パパ...

  1. 大学455

    2014/12/14

    マコトが椅子を引いて座らせてくれ、自分も向かいの席についた。...

  2. 離婚したら……結婚指輪ってどうしてますか?!私...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 未婚なら複数交際するのはありか
  3. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3