とおく  ゆらぐ

拙いながら、過去の記憶の残骸を混ぜながら綴っています。フィクション率は85%・・・

  • 記事数 107
  • 読者 106
  • 昨日のアクセス数 210

テーマ:小説 > その他

2017/07/22 15:34:50

  • 6
  • 0

そんな私見て、兄は笑った

少しずつ、泡だらけの手は私の身体中を這い回る

何度も乳首を摘まみ

指は股の間を何度も滑る

時々強く、指は、中に向かって
その瞬間は、痛みが来そうでビクッと固まる

固まると、兄は乳首を摘まみ
摘ままれた私はまた、変な声が出て・・・力が抜ける


何度か
繰り返された


少しずつ
指は深く 私の中に・・・



兄の表情が、冷ややかな馬鹿にしたような表情が、少し柔らかく変わる

兄の息づかいが 変わる


でも途中から、兄の顔は見えなくなった。
兄は私の背後に移動し、後ろから手を胸に・・・
手を股の間に・・・


私のお尻の上・・・腰のあたりに何かがあたる
動いてる
泡と、私のお尻の方で
擦るように


ずっと私の胸を洗っていた手が、シャワーの方に伸びて
ふいにまた、お湯が勢いよくかかり始めた。

お湯の下で、指はまた乳首を摘まむ
中に入り込んだ方の指は、私の何かを触る

触られた瞬間 電気みたいになビリビリした波が
私を襲う


「ふ・・・あ・・・あ・・・あ・・・あああ」


声が止まらない


背後の兄の動きも早くなる


「・・・っ」



兄が止まった


でも兄の指は私の中を押さえたまま・・・・・・

兄の体重を背中に感じ
奇妙な痺れを体の真ん中に感じ
どうしようもない

どうしようもない


どうしようもない ・・・



これは なに?

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 07/22

    裸の私裸の兄小学生の兄妹が 仲良くお風呂血の...

  2. 07/18

    兄と一緒で、私ははしゃぐ。水遊びのように、お湯をパシャパシャ...

  1. 191。

    2016/04/10

    兄は布団の音が両親に伝わるのが嫌なのか、一定の動きのまま...

    流転

    • 118
    • 4
  2. さおり2

    2015/03/09

    びちょびちょになったTシャツ。「早く脱いで洗濯機にいれな...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/17 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 荷物の上に座られてモヤモヤ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3