ブログランキング29

咲夜のブログ

快楽責めメインの妄想小説。夜のお供にどうぞ。R-18 閲覧注意(触手、尿道責め等)

  • 記事数 230
  • 読者 540
  • 昨日のアクセス数 8576

≪WとKの出逢い≫ 9

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2017/07/22 14:23:22

  • 24
  • 0

博子とは、あれから何度か出掛けている。


どうやら同年代の男子学生特有のギラギラ感が苦手な様だ。


まあ、年頃的に仕方がないコトだが、対象にされる女性側からすると、生理的に受け付けないのだろう。


そんな話からも博子に、男性経験が無い事は推測出来た。


私は、そんな博子に好感を持っていたし、だからこそ博子には、私を男性として意識させない様に気を使っていた。


博子は、ストレートの黒髪ロングに、大きな真っ黒な瞳が印象的な女の子だ。




あの日、私は、よく手入れされたキレイな彼女の髪に目を奪われた。


服装は身体のラインの分からないダボっとした服を着ていたけれど、その服装とキレイな髪とのギャップが余計に私の目を引いた。


その髪に誘われる様に、思わず声を掛けていた。


「お嬢さん、お一人ですか?」


「えっ? お嬢さんて私?」


「ええ、そうです、あなたですよ。」


美味しいスイーツの店を知ってるからって口車にのせて、唯一知っているスイーツ店に連れて行った。


甘いものは得意ではないが、知り合いのパティシエのいる店に連れて行くと、今、流行りの店だそうで、博子にはとても 好評だった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 当日になり、私はいつも通りのボーイッシュな格好で待ち合わせ場...

  2. 何と声を掛けられたのか、、他の人と話しているところに...

  1. 私の名前は博子(ひろこ)。どこにでもいる、普通の女子◯...

  2. 隣のブティックに入った。其処は総て完全婦人モノで、店内は女...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/20 編集部Pick up!!

  1. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた
  2. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  3. 誤爆LINEした彼を信用できない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3