アリスさんのブログ

恋愛小説ふう回顧録、ときどき普通

  • 記事数 397
  • 読者 16
  • 昨日のアクセス数 238

テーマ:小説 > 短編

2017/07/21 20:30:08

  • 1
  • 0

私はソファにいることに気づいた。
その近くで誰か寝ている。
恐る恐る近づく。
「あの、朝ですよ。大丈夫ですか?」
するとその人が目覚めた。
「すっかり寝てしまいすみません」
「え、実先生?どうしてここに?」
「あ、話がまだでしたね。昨日、石井さんが疲れていたのでソファに運びました。様子を見ていた僕も寝てしまいました」
「とりあえず、朝ご飯ぱぱっと作りますね」
マリは簡単に用意した。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 私は先生を自宅に招いた。「狭いところですみません。何か飲み...

  2. 寝ればなんとかなる!が信条の私ですので疲れてたり、ヒマ...

  1. 寝たいのに疲れすぎて寝れないわ。22時から布団でゴ...

  2. LINE「0時までには行くね。寝てていいからね。」...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/22 編集部Pick up!!

  1. 割り込みして並ぶ子供にブチギレ
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 誤爆LINEした彼を信用できない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3