【SSS】シオの道草ブログ

☆シオ短編集☆【悠の詩】執筆再開。変わらずノロノロですみません(>_<)

  • 記事数 1412
  • 読者 118
  • 昨日のアクセス数 464

悠の詩.55

しおりをはさむ

テーマ:小説 > その他

2017/07/23 22:14:50

  • 5
  • 0

焼きたてアツアツの煎餅を食べ終えた頃に柏木が戻ってきて、俺に頼んでおいた煎餅を摘まみ取った時、


『さっきちょっと気になる雑貨屋さんがあってさぁ』


『あそこの豆屋さんでお土産買いたいなぁ』


あれこれと希望が飛ぶ、聞いてるとどれも方向違いで、順番に回っていたら14:30なんかに間に合わないのは目に見えていた。

そこで丸山が班長らしくひとつ提案をした。


『そしたら、班行動としてはルール違反になっちゃうけど、ちょっとの時間だけ自由行動にしよう。

用が済んだらすぐにこのお煎餅屋さんに戻ってくること』


「丸山、、、いやに気前がいいな?」


『えへへ、、、実は、あっちの方に気になる電車の模型屋さんが、、、』


丸山の丸山らしい理由に皆でゲラゲラ笑った後、俺達は散り散りになった。

とは言うものの俺はとくに目的が無くて、とりあえず豆屋に行きたいという樹深についていった。

豆屋には沢山の試食があって、「これうめぇ~、家に買ってこ」『こっちもなかなかイケるよ』全種類制覇しそうなほどボリボリ食った(笑)

俺は会計を済ませて、樹深がまだお土産を決めかねているところで、


「あっ」


少し向こうに、木刀が差して置いてある店を発見。大仏様のお土産屋で諦めた思いが沸々と蘇る。


「俺、あっちも見てくる」


『いいよ。俺はここ済んだらお煎餅屋さんに戻ってるから』


樹深と別れて俺はその店先に到着。

ひゅう~、いいねこの手に馴染む感じ。木刀の柄を握りしめながらニヤニヤが止まらない俺。

柏木は、いないだろうな?くだらない、とまた言われるのを危惧して思わず辺りを見回したけど、アイツはいなかった。

その代わり、、、店の中に、由野がいた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 食べ終わってからはお買い物タイム。何か買わされるんだろう...

  2. カワナさんと革ジャン買いに行って2、3軒見て悩んでたカワ...

  1. 思い出2

    2015/06/10

    早速その日の午後から行動開始。まずは町をぶらぶらしようと...

  2. 遼ちゃんはお出かけも好き。時間を無駄にしない。出不精の私...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3