ブログランキング45

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1655
  • 読者 2421
  • 昨日のアクセス数 4910

小説)82その香りに包まれて

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/07/25 08:48:37

  • 105
  • 0

「もう!なんなのよ!なんで笑ってるわけ?!」
その楽しそうな顔がとてつもなく腹が立つ。私がこんなに悩んでいるのに、彼にとっては何てことないことのようだった。自分の気持ちが伝わらないことほど、腹が立つことはない。

「とりあえず、こっちおいで…」
彼がソファに私を手招きした。
「やだ」
「もう…いいから…こっち」
手をつかまれ半ば強引に彼のとなりに座らされた。
「そんな顔したら…可愛くないよ?」
頬を軽く撫でられた。
「もう!茶化さないでよ!怒ってるんだよ?」
隣で聞こえたため息。私の肩を軽く自分の方に向けた。

「あのな…よく聞いてな?」
その顔はいつになく真剣だった。
「俺は理沙と結婚するために…色々考えてたんだ……違うな…」
私の手を大きな手が包んだ。
「今までそれなりに付き合ったりしてきたけど…初めてなんだ…こんなに誰かを欲しいと思ったのは…だから必死だったんだよ?どうしたら理沙が俺のものになるかって……」
「そんなこと…」
「おかしいだろ?でも…ほんとなんだ…やっと付き合えるようになって、すぐに親にも話したよ。びっくりしてたな!最初から結婚するって宣言したからな…理沙」
体が引き寄せられ、その胸にすっぽりと収まった。

「俺もどうしてこんなに理沙が欲しいのか…わからないんだ…たぶんそこに年のこととか、上司とか関係ないんだよ…ただ俺だけのものにしたいってだけなんだ…だから…仕事辞めなくてもいいし…ここに残りたいならそれでいい…ただ…これから先ずっと一緒いて?な?」
切ない声が耳から伝わり、胸がジーンと温かくなる。私はただ頷いた。
「頼りないと思うけど…理沙が不安なこと、心配なこと…全部俺に言って?一人で抱えないで、二人で考えよう?」
「うん…ありがとう…」
その胸にすりすりと顔を寄せる。まるで彼に抱かれた猫のように。
「子供はさ…授かったら嬉しいけど…それよりも理沙が俺の隣でずーっと笑っていてくれればいいんだ…それだけだから」

私の背中を優しく撫でる手は温かく、その胸は大きく、私のすべてを包み込んだ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 抱擁

    2014/11/15

    『…ど、どうしたの…?』その声に答えずただギューッと抱...

    move on

    • 29
    • 0
  2. 「今、本部長から電話があったから…」 「うん…」 ...

  1. なんだ自撮りキャス可愛いじゃん脱いじゃうの他...

  2. 私とルイはキスをした。最初は軽いキスからどんどん...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/22 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. ママ友に苛々した出来事トップ3

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3