ブログランキング26

幸せのかたち

初恋から結婚まで…完結しました☆ 出産編を綴っています。

  • 記事数 571
  • 読者 1864
  • 昨日のアクセス数 8627

エッチな夜⑤

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/13 09:17:00

  • 212
  • 0

陸「全部…菜乃花の全部…見せて。」

そう言って陸は、指で私の感じるところを広げて

刺激し始めた。

菜乃花「あっ…あっ…。」

陸は、M字に広げた私の両ヒザを

少し持ち上げるように

私の感じるところを舐め始めた。

私の上半身は、少し起き上がってるいたので、

陸と目があってしまう。

部屋の中も薄暗い程度で、全部見えるので、

恥ずかしくて目をそらす。

陸「菜乃花…俺を見て。」

菜乃花「陸…もう…ダメ!恥ずかしすぎて…
無理だよ…。」

陸「これでも?」

そう言って、勢いよく舐め始めた。

菜乃花「やっ…あっ…待って…恥ずかしい…。」

陸「菜乃花…明るくても、
ちゃんと感じてんじゃん。
めちゃくちゃ濡れてる。」

菜乃花「やっ…ヤダ…言わないで…。」

段々…気持ちよさが優先してきた。

私は、陸の言うように陸を見ながら感じた。

陸は、私から目をそらさない。

見つめ合いながら、

私は、いっぱい感じて声をあげ、

気持ちよすぎて腰を浮かしていた。

菜乃花「陸…いきそうだからもう…やめて。」

私は、いつも陸が果ててから最後に

いかせてもらっていた。

なのに…今日は、陸がやめてくれない。

菜乃花「陸…もうダメ!いきそう。やめて。」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ~エッチな表現が続きます。 苦手な方はス...

  2. 菜乃花「陸…ハァ…アァ…。」陸「すごい濡れてる…。菜乃花...

  1. 菜乃花「陸…もっと前から、私が口でするの待ってた?」陸...

  2. 陸の唇が頬、耳、首筋、胸とキスをして舐める。胸を舐められ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/19 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3