ブログランキング20

幸せのかたち

悲しい初恋から…2度目の恋…辛い別れ…そして現在まで

  • 記事数 448
  • 読者 1439
  • 昨日のアクセス数 14018

エッチな夜②

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/12 15:53:20

  • 192
  • 0

陸とのキス…気持ちよすぎて、

ずっとしていたい。

お風呂のなかでイチャイチャしてから、

お風呂からでることにした。

体を拭き、髪も乾かしソファーに座って、

2人でまた、少しだけお酒を飲んだ。

陸「菜乃花…おいで。」

お酒が入っていたからか、

陸に向かい合うように陸の太ももを

跨ぐ様にして私は両足を広げて座った。

陸との甘いキス。

私は、少し酔った勢いで聞いてみた。

菜乃花「陸…聞いていい?」

陸「何?」

菜乃花「男の人って胸を触られたり、
舐められると感じるの?」

陸「人、それぞれじゃないかな?」

菜乃花「陸は?」

陸「感じないかな?」

菜乃花「試しちゃダメ?」

陸「菜乃花、酔ってる?」

私は、何も答えずに陸の着ている

バスローブの腰の紐をはずして

陸の首にキスしてから、

胸と乳首にキスをして舐めてみた。

しばらくゆっくりと舐めてみた。

陸の言っていた通り、感じないようだった。

私は、どうしても陸に喜んでもらいたくて、

私は、初めて陸のボクサーパンツの上から

陸のモノを触った。

あまり大きくなっていなかった。

陸は、驚いて

陸「菜乃花、どうした?」

菜乃花「いつも、してもらってばかりだから、
今日は、陸に気持ちよくなってもらいたくて。」

そう言ってから、

しばらく撫でていると…

ムクムクっと大きくなった。

陸「菜乃花、もういい?」

そして、ベッドに横になった。

陸は、私の髪を優しく撫でながら、

時間をかけてキスをしてくれた。

バスローブの紐を解いて体を優しく撫で始めた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「菜乃花……菜乃花。」陸君が私の名前を呼んでいた。菜...

  2. 陸は、私をぎゅっと、抱き締めた。陸「無理させ過ぎた?」...

  1. 陸は、胸にキスをしたあと、私の反応を見ながら体の色ん...

  2. 私が、なかなかお風呂に入らないからか、陸が少し、拗ね始め...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/21 編集部Pick up!!

  1. 誤爆LINEした彼を信用できない
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. ママ友に苛々した出来事トップ3

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3