裏の世界を体感したデンジャラスライフ

皆が知らない裏の世界に飛び込んだ凡人女な過激な赤裸々リアルをお届け

  • 記事数 18
  • 読者 8
  • 昨日のアクセス数 3

異例な対面

しおりをはさむ

2017/07/12 19:54:25

  • 1
  • 0

私の叔母がわざわざ裏の男に会いに来てくれる日は、なんだかへんな緊張感だった。

ほんとに裏の男が現れるかも心配だった。


夜裏の男が現れる時間の前に、
姉と前打ち合わせをするために
一足早く私は現場に向かった。

前打ち合わせでは、不安要素を姉に
ぶちまけていた。

私は彼女でもなんでもない。

いつ追い出されるかわからない。

私がいたら女の子も連れ込めない。

そんなんでルームメイトが成立するのだろうか?

家賃のいくら分を納めるか、その他もろもろのルールは?

最低おいてくれる期間は?

不安だらけだったが、
姉はどっしりしていた。

この人はほんとにいつもスゴイ。

ダメなら無理してその男にしがみつく必要もない。

ただ、条件がいいなら短期間世話になるのもありだと私を安心させるとあっという間に
約束の時間となってしまった。

スーツ姿の、背の高い男が入ってきた。

裏の男だった。

ちゃんと来た、、、。
めんどくさい話がうざったそうな性格なのに
きっちり来たのが驚きだった。

私の姉にも丁寧に挨拶をして、
淡々と話をしていた。

しっかりした対応にも驚きだった。

何を話をしていたか、、、
あまり覚えていない。
しかし、姉と裏の男は、
和気藹々と話をしていた。

姉も、裏の男がトイレに立つと、

あの子は素直な目をしてる。
ちゃんと人の話も聞けるし、
人の目も見れる。
裏の人間だとしても
あまり問題ないから心配しなくていいよ。

姉は心から裏の男と直接会ったことで安心したようだった。

それから、裏の男と一緒に遊びに行くことになって私たちは姉と別れた。

裏の男とタバコを外で吸っていると
男から真剣な顔で口を開いた。

俺がヤクザになると言ったら
どう思う?



えっ?
私は驚いていった。

まだなってないだけでやはりか、、、
そうも思った。

今ならイイ待遇でイイ地位を与えてもらえるんだ。

男はさらに続けた。

私は素直に体当たりで聞いてくれたことが
嬉しかった。

私は、、、
地位とか待遇ではなく、
本当にやりたいなら、それはいいと思うよ

私はいつも大切な人にはそう言っていた。

本当に心からその人がやりたいことなら
それは、私が否定することではない。

だから本当にやりたいことなら
周りがどんなに反対しても
私は応援してきた。

裏の男から様々な相談を受けるようになって
友情心がかなり私の中では進行していた。

だから、私が知らない世界でも
本当にやりたいことなら
否定はしないと思ったのだ。

男はやりたくはないと言った。

ぢゃぁやる必要はないと私は続けた。

やりたくないと言った男に、
私は心の奥底では
安心していた。

そして、家を一緒に探す日々が始まったのである。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 今日は中学生組は補習授業。いつもの時間に起こしに行ったけ...

  2. ハルカちゃん、髪の色が金髪……というか、黄色。スカートもあ...

  1. アオ 「…大丈夫だから。心配しないで?ちょっと話してくるだけ...

  2. 悲しい..

    2016/05/26

    先週から実家の揉め事がまたヒートアップ元々あった問題に加え...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/20 編集部Pick up!!

  1. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 荷物の上に座られてモヤモヤ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3