pain of heart 心の痛み

傷を負った8歳の私から始まる ノンフィクションリアルストーリー

  • 記事数 51
  • 読者 16
  • 昨日のアクセス数 19

その後…

しおりをはさむ

2017/07/06 18:54:41

  • 5
  • 0

あれから母との会話も減り、当たり障りのないどうでもいい内容になっていった
もうそこには母と子の絆なんて存在しなかった

あの事件の後から私は度々学校を休む事が増えた

ランドセルを背負って学校に行くふりをして公園で時間を潰す

何をするわけでもなくただボーッとしている

ブランコに揺られたり、空を見上げたり…

「私ってなんなのだろう、なんのために生きているんだろう」

答えのでないまま何度も自分に質問をぶつけてみる

苦しい辛いという感情も無くなってきた

ただただそこに存在しているだけだ

「今日はどうしよう…明日は何をしたらいいんだろ」

生きるという意味も言葉もよくわからないまま、なんとなくそれを考えた

そのうち私は私の中で誰かと会話している感覚が出てくる
「もう何もかも嫌いだ…」
「そうだよね…でもユキは何も悪くないよ」

誰にも相談も何も出来ない私に、まるで優しいお母さんの様に語りかけてくる

いつも私の欲しい言葉をくれ、私を安心させてくれる

それがはっきりと私以外の誰かだと気づくのは、20歳を過ぎてからだろうか…

それまで何度も何度も私を助けてくれる優しい声

私は知らず知らずにもうひとりの人格を作り上げていたのでした


その後、小学校卒業までの5年の間に何度もあの男達が家にやって来た
5回か6回…もしかしたら20回くらいかも知れない…

その辺の記憶は曖昧だ

曖昧ではあるが、私の心と身体は何度も何度も壊された…

何度も何度も何度も何度も…

しかし、とにかく嫌だという思いだけで、回数など覚えてはいない

それにも関わらず私には最初の一回の記憶だけしかなく、その後の数回の記憶が薄い

「怖い!嫌だよっ!」という記憶は残っている

でもその行為を行われている時の記憶はない

慣れてしまったのだろうか

あんなに屈辱的で苦しく辛い破壊行為を…


私は30歳を過ぎるまでずっと泣いている女の子の夢を見る

週に3回は見るだろうか

何も言葉を発せずただ小さくうずくまり泣き続ける女の子の夢を…

後にわかる

その女の子の夢の意味を…

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. カウンセリングの終わりの時間になった…出て来てくれた「女...

  2. 幼少期、どこに行っても大人しい子供だった。置物の猫とでもい...

  1. 夢。

    12/06

    今日夢を見た。何か嫌な夢だった。全く知らない女の子達...

  2. 原因探し2

    2015/08/12

    友達を疑うのは嫌だったけど、アツシやショウくんから話しは聞い...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/23 編集部Pick up!!

  1. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  2. 不倫相手と関係切れていなかった
  3. ママ友に苛々した出来事トップ3

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3