シワシワになっても愛してるよ♥

人生のもう一人のパ一トナー。私のベターハーフとの徒然日記。

  • 記事数 278
  • 読者 55
  • 昨日のアクセス数 125

2017/07/03 14:03:28

  • 6
  • 0

近くの駅でドロップしてもらうつもりだったけれど、実家に泊まるつもりとのことで門限のないKさん。
それなら…と家により近い、大きな駅まで送ってもらうことに。

道中もキスしたい…とふざけられたけれど、クマさんが頭を過って「また今度ね」とかわした。

駅についてお別れ。
じゃあね…と手を握る。

指を絡めて繋いだ手。
Kさんの手を繋いだまま手の甲にキスした。

キスしたまま、Kさんの目を見つめた。
自分の手の甲にキスされてるまま、Kさんも私を見つめてた。


空気を破る様にkさんが「手がヌクヌクやなぁ。眠たいんやろ⁉︎」とふざけた。

手をパッと離し、「じゃあね…」ってクルマを降りた。

ドア越しにKさんも「今日はありがとう。気を付けて帰るんだよ」



家に着いたらラインが来てた。

「久しぶりに会えて嬉しかったよ。バニーちゃんには幸せになってほしいと思ったよ。これからはお互いが時々思い出した頃に、お喋りする仲になろうか」

そうメッセージが入ってた。



寝れない女と踏んだ、Kさんらしい文章だなって思った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 居酒屋を出てそのまま最寄駅でサヨナラになりそうでしたが、Kさ...

  2. 特に思いつか題名がなかった(笑)今日はお仕事が16時に終...

  1. 年下の彼(kさん)は相変わらず放ったらかしだった。ホント...

  2. 手を繋いで、駅まで送ってくれた。…佐藤の一件から、私の中...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/20 編集部Pick up!!

  1. あり得ない発言する義叔母が苦手
  2. 「17歳下の妹」が大好きな彼氏
  3. 浴室乾燥中にシャワーを浴びる夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3