裏の世界を体感したデンジャラスライフ

皆が知らない裏の世界に飛び込んだ凡人女な過激な赤裸々リアルをお届け

  • 記事数 18
  • 読者 8
  • 昨日のアクセス数 8

プロローグ

しおりをはさむ

2017/06/27 14:17:53

  • 1
  • 0

私の過激な人生の幕開けのサイレンが鳴り始めたのは、女子大生のころ。


それまでの私は何不自由なく
育てあげられていた。
箱入り娘で育った私は、
親のレールに沿って生きる人生を
着々と進行し、時を刻んでいた。

六大学卒、国家業務勤務というエリートな
父親の元で厳しく育てられ、
成績優秀、高校、大学と
全て校長推薦ということで
一度も受験経験がない。


友達もたくさんいて、
何か不自由だと思ったことは一度もない


小さいときの夢は、赤門=東大に行くこと。

今考えると、小さい子が夢見ることではない。

私がこの夢を皆に話すことで周りが
さぞ喜んでくれたのだろう。

その期待を大きく破壊する爆弾女に
変身するとは誰も想像することは
不可能であったはずだ、、、

真面目で出来が良い子が、
まさかこんな人生を歩むとは、、、
人生とはまさに未知の世界だと
私だけでなく周りも思い知らされたことで
あろう。

そんな私がある1人の男性と出逢って、
今迄のエリート人生から
ドラマのような波乱続きの
天国と地獄の入り乱れたディープで
過激すぎるジェットコースター人生の扉を
開くこととなるのだ。

現在の私はというと、
こんな人生になったことを
何も後悔はしてないない。

改善すべきところはたくさんあるが、
後悔はない。

この男のおかげで、
引かれた安全レールから
大きく脱線したとんでもない人生を送るが
なんとかかんとかうまくやってこれた。

さらに学びが多いのは事実だ。

何もできない箱入り娘では
この現世を歩んでいけなかったであろう。


平凡な女性から裏の未知の世界へ、、、
足を踏み入れた女街道。

裏の世界はありえない未知の世界との境遇。


さて、オープニングの始まりは、、、
サイレンが鳴り出した女子大生の話しから。

某お嬢様大学の女子大学生になった私は、
女子大生のみなが当たり前のように、
お小遣い稼ぎバイトに選んでいた
キャバクラ業界に興味本意で飛び込んだ。

それまでこの業界が大っ嫌いで
バイトに選ぶ友達たちをしろい目で見ていたのに、、、。

お金に困ることを知らないお嬢様たちが
なぜこんな業界に、、、⁇
私は疑問でならなかった。

が、すぐに解決する理由があった。

彼女たちは、強烈なホスト狂いだったのだ。。。

それだけの理由ではなかったが、
私の理由は大好きな海外旅行資金調達
のため。

夜の世界は結局は個人プレーな世界。
不安もあったが、
やってみると、そこには意外しかなかった。

真面目街道、エリートで歩んできたのが
この世界では逆に受けが良かったのか、、、
理由は未だに謎だが、
お客さんたちは何も努力なしで
すぐにたくさんついてくれた。

あまりお酒を飲めない私をただ、
お客さんたちは、自分の隣に座らせ、
お寿司を食べなさい、好きなものを頼みなさい
と指示するだけで、
私の想像の世界とは全く違っていて
びっくりするほどそこは天国だった。


当時、そこのお店は、
紳士なおじさまたちばかりが
集まる場だったらしく、
私を娘のようにお客さんたちは
皆、変な目ではなく可愛がってくれた。

苦痛というよりは、楽にお金を稼げた時代。
お客さんたちは企業家が多いのも
話しがおもしろかった。

指名されない日がなく、
お客さんは私が出勤時には遊びに来てくれた。


当時の私は祖父の家に住んでいた。

高校生ぐらいから反抗期を迎えた私は
よく父親と揉めては家出をしていた。

大学生になってもっと家出がひどくなり、
祖父の家に住み着いたわけである。

大学生時代は、夜の世界、
いわゆるお酒が出る場所=水商売へのバイトは
父親同様禁止されていた。

私は嘘をついてキャバクラで働いていたのだ。

出勤時間は早くオープンするお店を選んで18:00-11:30までが限界だった。

いつバレるかひやひやしながら働くが、
給料がすごく良い
お客さんは

私のエリート人生が本当に
ジ、エンドを迎えることになった
運命の男との出会いは
この夜を彩る華たちが賑わうキャバクラにて
突然におこったのである。


次回へ続く

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 私は真面目ちゃんで。女子一貫校だったから男の子が怖かった...

  2. 春休み、仕事探し。飲食店、スーパー、警備、工場、現場系、...

  1. 限界①

    2014/06/08

    ある日、親と大喧嘩した。恥ずかしいけど、主にお金の話。...

    学生結婚

    • 150
    • 0
  2. 人生を理解する時それは過去になっている前向きに生きるこ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/24 編集部Pick up!!

  1. ママ友に苛々した出来事トップ3
  2. 未婚なら複数交際するのはありか
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3