ドリーさんのブログ

  • 記事数 346
  • 読者 117
  • 昨日のアクセス数 139

骨髄穿刺 2。

しおりをはさむ

2017/05/30 16:27:34

  • 18
  • 0

2つ目の麻酔が終わると今度は太い針が入って来るはず…
その次が…
更に太い機械がカチャカチャと音を立てて腰の骨を削りながら入って来て…
針を変えて…来るぞ…来るよな…。







私は動画の映像を何度も何度も繰り返し
思い出していた。







カチャカチャと金属音がして橋先生が
私の腰骨を確認しながら



「では、いきます。」



と、言った。




「はい。」



と、私は返事をしながら痛みに備えた…











《………ん?》










押される感覚はあるけれど…痛くない…。










「大丈夫ですか?」







橋先生が聞いてくれる。






「はい…。」






「次は痛いです…。頑張って下さい…。」





「あ、はい!」





と私は歯を食いしばった。







カチャカチャと今度は早いリズムの金属音が聞こえてきた…
腰全体がグッと押さえられてる感じがした。









が、痛くはない…。










《いや、もう少ししたら痛みがくるはず!》







と、更に構える。










けど…痛みは一向に来ない…。









「はい、終わりました。」






橋先生の声に思わず





「えっ?」




と、私は振り返ろうとして押さえつけられる…。





「動いてはダメです!」




看護師さんと橋先生の声が同時にした…






「本当に終わったんですか???」





私は騙されたかのように感じてしまって
本当に終わったのかどうかを何度も聞いたw





「終わりましたよ。
では、止血するのでゆっくりと上を向いて下さい。
ドリーさんご自身の体重で止血しますので。」




「はい。」





看護師さんの指示通り仰向けに寝ると
右腰辺りに丸められた脱脂綿がある事に気付いた。






「痛いと思いますが動かずに、出来れば腰をベットに押し付ける感じでいて下さいね。」





「…はい。」





そして私は看護師さんにもう1度聞いてみる。






「本当に終わったんですか???」





「本当に終わりましたよw
痛みも無く無事に終わって良かったですね。」





「痛いのかと覚悟してたので逆にビックリしちゃって…まだ信じられないw」




「みたいですねw
痛がる方はこちらが押さえつけたり
タオルを口に含ませて耐えられたりされますよ。」





「はぁ…私もそうなると思ってましたw
橋先生スゴイですね! ゴットハンドw」




「ですねw
伝えておきますねw きっと喜ばれます。

では、採血をさせてもらうので準備してきますね。」




「はい。」






私の骨髄穿刺は開始はバタバタしたけれど
こうして痛みも全くなく無事に終わった…。






止血が終わり待合所に行くと
カズさんと母が心配そうに待っていた。





「大丈夫?」


私の姿を見つけると2人とも同時に立ち上がり
カズさんは私の腰に手を添え、
母は私の手をとり声をかけて来た。





「ごめん、全然大丈夫w
痛くもかゆくもなかった…w」





「腹立つわぁw 本当に骨髄取ってもらったの?w」



と、カズさんは笑い




「本当に???」



と、母は私を疑っていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 私の骨髄穿刺の日。カズさんと母に付き添われ私は病院に来...

  2. 手術室の中は壁が薄いグリーンと白のツートン。床は白のタイル...

  1. というわけで、昨日は無事手術が終わりまして。。。手術自体は...

  2. 「では、チクっとしますよ。」看護師さんと...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/19 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手と関係切れていなかった
  2. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた
  3. 浴室乾燥中にシャワーを浴びる夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3