ドリーさんのブログ

  • 記事数 346
  • 読者 115
  • 昨日のアクセス数 131

退職祝い。

しおりをはさむ

2017/05/30 08:44:36

  • 19
  • 0

実家に帰ると父と母が今日の結果を聞いてきた。








「本態性血小板血症の疑いがあるとかで
診断が長引くのも嫌だから詳しい検査を来週してもらうとこにした。」







私はそう答えた。








「それはどんな病気なんだ?」


と、父。



「大丈夫よ。」



と、母。






医学に無知な両親で私はホッとした。






「うん。大丈夫よw
血液内科の事はよくわかんないけど
検査したらハッキリするだろうから、これで血液内科もきっと終わるよw」









両親はこれで納得してくれた。









夜になりカズさんから電話があった時に聞かれ
私は正直に話した。






カズさんは私の予想を良い意味で裏切り


「そうか。
お前はあまり調べずにいなよ。
大丈夫だから。」


と、冷静に言ってくれた。





「うん。
私も聞いても解らないし、もう調べないよw」





カズさんにこう言いながら既に調べてしまった事を私は後悔した…。






「あっ!診断書が出来たんだけど
これって郵送した方がいいのかな?」


そして私は話題を変えた。



「診断書?
あぁ、明日俺休みでそっちに行こうかと思ってたから
俺がお前の会社に持って行くよ。」



「ありがとう。
明日休みなの?何で?」



「恥ずかしい話なんだけど…
明日がお前の病院かと思い込んでて休みを取ってたのw
1日間違えてただけw

でも、せっかく貰った休みだからそのままにしてたんだw」




「なんだw」





この日の電話はあの辛くも幸せだった1週間を思い出させるような

お互いがお互いを気遣いあえてるような、そんな電話だった。





「じゃぁ、明日行くから。」




「うん。」





「お休み。」





「お休みなさい。」






私はカズさんの気遣いが嬉しくて、
そして申し訳なくて…
この日はいつまでも電話を握りしめていた…。










次の日、カズさんがやってきて
いつも行くあの思い出の旅館の支配人が退職される事を教えてくれた。







詳しく聞くと支配人はこの日が最後で
私達も仲良くしてもらっている常連さん(お客さん)達が集まりお別れ会をするらしく
カズさんは顔だけでも出そうかと考えていた。





「ならお花!私は行けないけど
お花を持って行ってあげてよ!」




私はカズさんにお願いして
花屋さんに連れて行ってもらい花束を購入した。







そこに蝶々の小物を花束に仕込んでもらい
メッセージカードを添えた。





《長い間、お疲れ様でした!
◯◯さんにはお世話になってばかりで◯◯さんの退職の日にそちらに行けないのが残念です…

蝶々は頭に飾って遊んでやって下さいw

写メ待ってます♡》







私の悪ふざけ。
でもそんな悪ふざけを笑って許してくれるのを長い付き合いの中で私は知っていたw






そんな私の様子を見てカズさんは安心したかのように
花束を持ってあのお宿さんに向かってくれた。






「宿についたら連絡するし写メも送るからw
お利口にして待っててね。」






本来なら落ち込むはずだった私達も
◯◯さんの退職祝いで助けられた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 私達は独身時代に行った旅行で偶然お世話になったあの旅館に結婚...

  2. この日、カズさんが帰宅してから私は病院での診察の状況を詳し...

  1. あれからカズさんはちょくちょく我が家へ遊びに来るようになった...

  2. 検査の結果が解った日、私達は私の実家へ向かった。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/24 編集部Pick up!!

  1. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  3. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3