夢のあとさき

判るのは過去と現在。夢のあと、に残るのはどんな未来だろう。徒然なるままに…。

  • 記事数 35
  • 読者 7
  • 昨日のアクセス数 85

おかあちゃん

しおりをはさむ

2017/04/20 00:52:50

  • 4

45歳のあたしを
『おかあちゃん』と呼ぶ58歳のおいちゃん。
見た目は60歳以上に見えてしまう人なんだけど。


知り合ったのはお店を開いてからなので
5年位だろうか。
元々知ってるお客さんが
職場の飲み会で連れて来た人だった。


初めは飲み会流れで5〜6人の中の1人。
印象としては…悪かった。
酒呑みの典型的な人だったから。


あたしは酒呑みの父親を見て育ったので、
酒呑みを嫌っている。
適度な飲み方なら構わない。
自分も酒を嗜むし、
今では生業としている訳だし。


では何故そのおいちゃんを
初対面から受け付け無かったか。


おいちゃんはまず
見た目から父親と被ってしまった。
知り合った当時は50歳過ぎだったのに、

まず見た目から老けていて、
酔っ払って調子に乗る人だった。


色んなお客さんを相手しているあたしでも、
そのおいちゃんだけには
どこか父親を見た様な気がしたのだ。


元々のお客さんの連れなので、
初対面なのに口の悪い所も
あたしは軽く受け流していたけど

周りは面白がって、
おいちゃんの酒に纏わる武勇伝?な失態を
色々と教えてくれた。


その中でも一番印象深いのが
酔っ払い過ぎて、トイレが間に合わず漏らした事。
数回あったらしい。


「ウチでは粗相せんといてや!」と
あたしはおいちゃんに注意を促した。
口が悪いお客さんには慣れてる。
その辺は上手くかわせるから問題ない。

その後もおいちゃんは数回、
飲み会で一緒に来るメンバーとなっていたのだが、
まだウチで粗相しては無いものの
基本的には信用ならなかったので、

「保護者(元々のお客さん)付きじゃないと
 ウチには入れんからね!」と公言していた。



ある時の飲み会。
支払いも済んで皆が店を出る時、
最後になったおいちゃんがあたしに言った。

「◯◯の店だったら◯千円で飲めたのに」と。


瞬間でキレた。


「ならその店行けば?
 で、ウチには2度と来るな」


ウチは激安、でも無いが値段設定が高い訳でも無い。
この街の相場を考慮している。

他所と比べるのは構わない。
ただ、高いと思うならば黙って
安いと思う店へ行けばいい。
選ぶのはお客さんの自由だからね。

でももう数回も来てるのに、今更?
初対面から何かが気に入らなかったあたしは
おいちゃんの余計な一言で
嫌っていたモノが爆発した。


あたしにドヤされ、おいちゃん固まる。
外で待ってた仲間達が心配して店に戻る。

「この人、もう二度と連れて来んといてや!」

仲間達がどうしたどうした、とオロオロする。
あたしがガチで怒ってるのを見て
おいちゃんが何かやらかしたと理解する。
とりあえずは皆に帰って貰った。


翌日、元々のお客さんから謝罪のメール。
「酔っ払って調子に乗ったみたいでごめん…。」


そしておいちゃん本人が謝罪に来店。
あたしの怒りは特に残ってなく、
「安くて楽しいお店に行くのは皆当たり前。
 ウチは高いつもりも無いけど、
 わざわざ口に出されたら
 じゃ、その安い店行ってね、としか言えん。」

おいちゃん平謝り。
どうやら、あたしの逆鱗に触れた姿を
仲間達が初めて見て驚き、
翌日おいちゃんに叱り付けて
酔ってロクに覚えてない
おいちゃん、かなりビビったらしい。


知り合って1年内の話だった。

それからのおいちゃん。
アッサリ従順なお客さんになってくれ、
口が悪いのは相変わらずなものの
あたしを怒らせない様に慎重になっている。

年に二回、ボーナス期には
店の女のコも含め高級な食事に連れてってくれる。
ウチの店で『武勇伝』の粗相も一度もない。

おいちゃん、たまに1人でも来店する様になり
やっとあたしも父親の影を消せた。


「おかあちゃん」
なんでそう呼ぶのか解らないけど、
時折あたしがハテナマークを飛ばすと
「いやいや、ママ」と言い換える。

でもまたすぐに「おかあちゃん」

うん、もうどう呼ばれてもいいや。



給料貰えばすぐ仕事休んでパチンコへ。
半月持たずに給料は無くなってしまう。
仕事から自宅へ着くまでに
日本酒ワンカップを2〜3本飲む。
自宅でも酒を飲む。
給料入った時だけスナックで飲む。
飲んで二日酔いで起きれず仕事を休む。
一応家庭はあったものの、現在は別居。
車の免許あっただろうに、酒で失くしたのか
移動手段は自転車。田舎は厳しい筈。


とにかくだらしがない。
酒とギャンブルでだらしない。
その辺は父親以上にだらしない。
そう思うしかない様なおいちゃんの生活。
奥さんも愛想を尽かしたんだろう。
知り合ってから
負け続けるパチンコを
何度辞めると聞いたものか。

ただ、馬鹿な人では無い様だった。
意外(失礼)な事に大卒で、
若い頃は有名企業に勤めていたらしい。
今でも一応、有名企業の子会社なのだけど。


見た目で受け付けないと決め付けてたあたし。


生き様は馬鹿な事を繰り返していると思う。
傍から見てもそう思われてるだろう。

合縁奇縁とはよく言ったもので、
まさかのこのおいちゃんと
今では良い関係を築いているあたし。


よくよく話を深めると
とても似ている性分で、
おいちゃんの愚痴を聴きながら
アドバイスするあたしを
どこか崇めてくれている。




だからなのか?

「おかあちゃん」…。




人は見た目が100%


・・・でも無いんだよね。


今となれば、
この店唯一の
『ツケ』を認めてあげてる人。

この仕事してなかったら
絶対に話す事の無かったタイプ。





ぁ。
でもやっぱ

見た目も大事(笑)




にんげんだから。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 苦手なお客

    19時間前

    酔っ払い相手の仕事だからって訳じゃなくても色んなお客さんが...

  2. タトゥーに関しては賛否両論あると思う。私は左肩に彫ってい...

  1. 偶然

    10/17

    乳ガンの結果が出る前、もうひとつ、大きな仕事があった。町...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. ママ友の発言にドン引きした

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3