生きていく意味

風俗、不倫、なんでもアリアリな人生しています。生きる意味は何だろう。

  • 記事数 114
  • 読者 98
  • 昨日のアクセス数 21

2017/02/17 03:10:58

  • 14

少しずつ、
私も一人前のデリヘル嬢らしくなっていった。

平日の深夜は、事務所にいるのは
いつものお兄さんだけだったけど、

日曜日の昼間に行くと、
4~5人、スタッフがいた。

その中に、30代の女性スタッフもいた。

ここの事務所の人たちは、
みんなとてもいい人ばかりだったけど、

この女性スタッフの人は、
元デリヘル嬢だったようで、
親切に色々なことを教えてくれた。

男性スタッフとは、
あまり突っ込んだ話が出来なかっので、
女性スタッフの存在はありがたかった。



最初は、指名といっても写真指名ばかりだが、
段々、2度3度と呼んでくれる
本物の指名客が増えていった。


お客様は、殆どの人が私より若かった。

私は、ホームページに

まみ 40歳

として紹介されていた。
(実年齢は43歳だったが)

お客様は、私が40歳だと承知して呼んでくれる。
(本当は43歳だけど・・・)

同じお金を出すなら、若い子の方がいいだろうに
と、私はいつも不思議だった。



私の1番の常連さんは、3日に1度は呼んでくれた。

日曜日に、他の男につかせるのが嫌だと言って
4時間のロングコースを入れてくれたりもした。

私を指名してくれるお客様たちは、みんな

「まみちゃん、可愛いね」

「キレイだよ」

と、ほめてくれて、
仕事は、大変だったけど、楽しかった。

自分を認めてくれる人がいてくれるって、
本当に大事なことなんだと思った。


私は、お店の人気ランキングに入るようになった。

大体、3位とか4位とかだったけど、
お店のホームページのトップに写真が載る。

これがまた、認められた気がして
嬉しかった。

お客様も、私がランキングに入るように、と
頑張って呼んでくれたりして、
上位に入ると喜んでくれて、

ありがたかったし、

とても嬉しかった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 撮影

    02/16

    デリヘル出勤初日。風俗バイトサイトの情報では、採用が決...

  2. プレイを楽しめる様になりましたが、デビュー当初はホテルの一室...

  1. 私が勤めるお店、社員さんは…15人前後、かな?数えたことな...

  2. 学生時代にキャバ始めて、昼職と掛け持ちでゆるく5年ほど続けて...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/21 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3