My Secret story

わたしの2年間のだれも知らない秘密。

  • 記事数 20
  • 読者 11
  • 昨日のアクセス数 5

テーマ:小説 > 男女関係

2016/12/02 17:33:09

  • 3
  • 0

2人で居酒屋に向かった
かずさんは既婚者で経営者
しかし 指輪はしていない
パッと見.既婚者に見えない
はたから見たら私達の事
キャバ嬢とお偉いさん
に見えていたんだろうなと
当日は思いました。


居酒屋に着いたら
個室に案内され
私はトレンチコートを脱いだ
かずさんはスーツのまま
着席した

「リオちゃんが飲むなら
1杯だけ付き合うよ!!」

そう言って
かずさんは生ビールを
私はシャンディガフを
未だに生ビール苦手です(笑)

飲み物を先に頼み
かずさんと2人で
食べ物を選んでいた

「リオちゃん嫌いな物とかある?」

「トマトと魚卵が苦手です」
そう答えた

「リオちゃん先に選んで」

かずさんはそう言って
メニューを渡してきた

「私.かずさんが頼んだものを
頂くので.かずさんが選んでください」

そう言ってメニューを返した

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. .

    12/01

    「リオ~」私を呼ぶサオリ「なにどーしたん?」「リ...

  2. 昨日のカフェのランチメニュー入口のボードにはA カレー...

  1. 「おい、天!お前が選んでやれよ。自分の彼女だろ?」「…っ/...

  2. 歩き出すドナちゃんの指先にふれるとスルスルーと恋人つなぎ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/28 編集部Pick up!!

  1. 彼が入院 見舞い行くか悩む理由
  2. 妻が作った弁当捨て続けていた夫
  3. 養子と知られイジメ受けた中学生

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3