私の恋路

恋を知り、愛を見つけるまでの物語。

  • 記事数 139
  • 読者 201
  • 昨日のアクセス数 36

伊井さんの心残り。4

しおりをはさむ

テーマ:家庭 > 家庭生活

2016/12/02 16:30:47

  • 46
  • 0

看護師さんが陣痛室に夕食を持ってきてくれたが、
もう何も受け付けない。

伊井さんは、
腰をさすってくれたり、お水を飲ませてくれたり、汗をふいてくれたり…一緒に頑張ろうとしてくれている。

私の痛みは限界まで来ていた。

看護師さんは時々様子を見に来るだけ。
初めての出産…どこまでいけば、この痛みはMAXになるのか、不安しかなかった。
看護師さんは
『そろそろ、いきみたいと思うけど、もう少し我慢よ』
まだですか…。

痛みが来ては悶え、気を失う。
それを繰り返していた。

伊井さんは心配そうな顔をして、ずっと私の手を握りしめていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 7/18 18:00生理痛のような鈍痛が度々訪れる。...

  2. あとから聞いたんだけど、この時ケイゴは外に出て気合を入れ...

  1. 私はたまごクラブで見てたから、破水から始まる出産の事も知って...

  2. 19時くらいからなんか張って痛くて看護師さんを呼びました。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/1 編集部Pick up!!

  1. 入籍1年で義母の態度が変わった
  2. 両親は不倫の末の略奪婚だった
  3. 義両親に「孫差別」され悲しい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3