私の恋路

恋を知り、愛を見つけるまでの物語。

  • 記事数 147
  • 読者 214
  • 昨日のアクセス数 70

伊井さんの心残り。4

しおりをはさむ

テーマ:家庭 > 家庭生活

2016/12/02 16:30:47

  • 47
  • 0

看護師さんが陣痛室に夕食を持ってきてくれたが、
もう何も受け付けない。

伊井さんは、
腰をさすってくれたり、お水を飲ませてくれたり、汗をふいてくれたり…一緒に頑張ろうとしてくれている。

私の痛みは限界まで来ていた。

看護師さんは時々様子を見に来るだけ。
初めての出産…どこまでいけば、この痛みはMAXになるのか、不安しかなかった。
看護師さんは
『そろそろ、いきみたいと思うけど、もう少し我慢よ』
まだですか…。

痛みが来ては悶え、気を失う。
それを繰り返していた。

伊井さんは心配そうな顔をして、ずっと私の手を握りしめていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「いたたたた・・・・」ケイゴ「痛い?大丈夫か?がんば...

  2. 民生君が帰ってから夜の21時半過ぎ。お腹が痛くて、部屋で歩...

  1. 後になって知るのですが、この病院の看護師や助産師は、...

  2. 他のベッドにいた方達はどんどん分娩室に移動していった。無...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/24 編集部Pick up!!

  1. あり得ない発言する義叔母が苦手
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3