私の恋路

恋を知り、愛を見つけるまでの物語。

  • 記事数 147
  • 読者 210
  • 昨日のアクセス数 20

伊井さんの心残り。3

しおりをはさむ

テーマ:家庭 > 家庭生活

2016/12/02 16:29:01

  • 47
  • 0

徐々に痛みが増し、間隔も短くなっていたが、
病院に着いた途端、陣痛が遠のいた。
一旦、お家に戻って15分間隔になったらまた来て下さいと言われ、実家に戻る事に。

中途半端な痛みが続いている。
母が『何か食べておいた方がいい』と、おにぎりを作ってくれたが、食欲がなく食べられなかった。

夕方、いよいよ15分間隔。
母に付き添ってもらい、病院に向かった。
そのまま陣痛室へ。

仕事を終えた伊井さんが来てくれた。

痛みの波が来るたび、眉間にシワが寄る。

伊井さん『円ちゃん…大丈夫?』
伊井さんはすでに泣きそうになっていた。

私『看護師さんはもう少しかかるかもって…』

なかなか子宮口が開いてくれなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 💩の痛みじゃなくて陣痛でした...。明け方から朝9時ま...

  2. 陣痛の波が来る度に痛みに耐えつつ、なんとかシャワーを終えて部...

  1. 明け方3時頃に破水。病院に連絡して準備をする。...

  2. 12時から10分〜15分間隔の痛み。4時まで変わらず。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/22 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3