リアル

高校時代の恋~現在まで。ほぼ実話。書くの2回目です★一部過激な内容の為閲覧注意!?

  • 記事数 48
  • 読者 99
  • 昨日のアクセス数 1791

テーマ:小説 > 回顧録

2016/12/02 09:23:29

  • 34
  • 0

そして暑い…熱い…夏休みの始まり。

終業式の日、拓斗の家に行く約束をしていた。


サッカー部の練習を放課後のベランダから眺める。


拓斗をずっと目で追ってると、
すごくかっこよく見えてきて、
一人でドキドキしていた。


すると、また補習を受けていた江口が
かったるそうにベランダに出てきた。

「いまみー、俺に誰か紹介してー。」

「…紹介!?」

「うん。女の子。」

「…自分で探せば~。」


隣に並んで手すりにもたれかかる江口。


「つめてーな。俺追っ払ってやったんだぞ?」

追っ払った?

「…なんの話し?」

「カラオケの日ー。」

「…………ああ。F子?」

「なんだよ、F子って。笑」

「F子がどうかしたー?」

「あの日拓斗が出てったあと追いかけようとしてたから、やめろってガツンと言っといたから。感謝しろー。」

「感謝って…、恩着せがましー。笑」

「いや、俺があいつ止めなかったら、おまえら修羅場だったろ?笑」

「ハハッ!大袈裟っ!!修羅場とかなるかっ!
まぁでもありがと。?」



何て言うかもう、
F子の事も眼中になかった。


「だからさー、誰か紹介してよー。
俺寂しいんだって。」

「はいはーい。考えとく。」

「頼むなー。」


中学の友達に誰かいたかな?



と思いながら、

今はそれどころじゃない。


このあと拓斗のおうちに

初めておじゃまするのだから。

ドキドキ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 唇が紫になるまで叫び泣き心配
  2. 不妊治療で妊娠やっと報告できる
  3. 出張先の彼からのLINEで思わず涙

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3