WOODS

大片思いから大失恋を経て、今

  • 記事数 246
  • 読者 28
  • 昨日のアクセス数 191

私に必要なひと

しおりをはさむ

2016/12/02 01:53:06

  • 1
  • 1

焦って恋愛なんかしても何もいいことなんてなくて


余計にむなしくなるだけだった。


林に似たバンドマン。


なんだかはじめ話した時は


気が合う気がして、


林に似てることから


ああなんか、こうやって出会ったのも巡り合わせだよなぁ



なんて考えていました。



もしかしたら、もしかするかもしれないなんて



勝手に期待して、



バンドマンの嫌なところカモフラして




きづかないふり。




で、ご飯に行って、




やっぱり嫌なところに気付きながらも、

ああでもこれくらいなら我慢するしか。


と思ってました。



ただ生き急いでいただけで、


先を望みすぎただけで


正直、誰でもよかったのかもしれない。



こういうところ、嫌だなと思ったところも

きづかないふりか、

考え方次第で、良い点なんじゃないか、なんて。



ご飯食べ始めて、30分ほどしたら

バンドマンが急に話さなくなって、


会話しようという気が全くないやうに思えた



何を言っても、「そうやな」「そやねん」


私は時間と金と労力を、無駄にしたくない一心で、
頑張って、会話盛り上げようといろんな話題つくって、
笑顔で明るく話して、

精一杯がんばったのに、


向こうはまったく応えなくて

一問一答型式の会話。


これのなんの意味があるわけ?


私が諦めたら、ただの気まずい沈黙が流れるから、
私は最後までがんばった。


そんなに嫌なら、じゃあそろそろ出るかって、
言ってくれればいいのに。


解散の言葉も言わないくせに。


本当に最低な男だった。

むかつくけど、一応金出させたから、
今日はありがとうございましたってLINEしたけど

その日、つぎの日、返事なし。


どこまでもむかついた。

だから、ブロックした。

もう会うことはないし思い出したくもない。


いま、思い返せば、あいつ、要らなかった。

嫌なところめっちゃあったのに、
林に似てるのと、ただ学歴だけに惚れて
全部なかったことにしようとしてた

ただの妥協。

あんなやつを側に置かなくてよかった。

林のほうが断然かっこいいし
林を超えるわけなんかないし
余計林に執着するだけだ

あんなエセ林

身長も私より低いし、
バンドマンだし、
イタリアン食べるマナーも知らないし、
パスタずるずる言わして食べるし
着てるTシャツよれよれだし、
コミュ力ないし
酒飲まないし、
連れてかれた店微妙だし
グルメじゃないし
ケチだし
LINEの返事意図的に遅いし
顔も全然イケメンじゃない。

ただなぜか全く覚えられない顔。
思い出そうとしても思い出せない。

出会ってまもなく別れてよかった。
このままずるずる引っ張らなくてよかった。
早く切れてよかった。

あんなやつ、もし彼氏にしてたら
私一緒に道歩けない

なのに、そのことに気付かないふりで、
強行突破しようとしてた私が

必死すぎて、こわい。



とっくに気付いている

林以外に、もうあんなに惚れられない。


だけど、


とにかく寂しくてつらい。



だれかそばにいてほしくて


今年のクリスマス🎅


だれかとなりにいてほしくて



また、新たにターゲットを定めている私がいる。



懲りないやつ。



好きにはなれなくても



そばにいたいと思ってしまう。



ただの飢え。

同じテーマの記事

コメント1

しおりをはさむ

  1. アリスさん(28歳)ID:5708230・12/04

    パスタずるずるw
    それだけで無理です\(^o^)/

関連するブログ記事

  1. 「それだけちゃうくて二人見てて、なんて言うの、晶と千波の...

    恋愛中心

    • 175
    • 0
  2. 沖縄の人

    2016/02/15

    LINEしてると、本名バレバレのやついるよね。思いっきり沖...

  1. 困る

    2015/10/20

    昨日、携帯を見たらマスターがここ最近、プッシュして...

  2. 改めて「お店にこれからも来てな」とか、今の私の状態なら、わざ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/2 編集部Pick up!!

  1. 「悪気無いから許せ」論破したい
  2. 子を叱ると夫がキレて夫婦喧嘩に
  3. 元彼に現地妻を打診されドン引き

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3