セフレに片思い

  • 記事数 34
  • 読者 24
  • 昨日のアクセス数 19

テーマ:恋愛 > 片思い

2016/12/02 13:49:09

  • 1
  • 0

どのくらい経ったのだろう。

ん〜〜ハァ〜〜…
脱力してしまうくらい、ものすごく心地いいキス。
それなのに、いやらしさもある。
キスだけで蜜がドバッと溢れてきているがわかった。

ゆっくり目を開ける…純君と目があった。

「恥ずかしぃ…」と目を逸らす私。
「ダメ、こっち向いて」と私を自分の方に向かせる。

私の目を見つめ、いきなり舌を入れ息ができないくらいの激しいキス。
そして、痛いくらい力強く抱きしめられる。

んっ……ハァ…苦しくて声が出る。
でも、嫌じゃない苦しさだ。

耳元で「ベッド行こうか?」

無言で頷く。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ……… 部屋の中にリップ音が響い...

  2. みよし君からの乱暴なキスを受け入れながらも、私はすでにトロ...

  1. しばらくして目が覚めた目を開けるとナオトさんは起きてい...

  2. 私もモリヤくんの真似をするように目を瞑った。彼はおで...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/23 編集部Pick up!!

  1. 「間男」の逃走劇を見て爆笑した
  2. 「良い義姉」になるためには
  3. 近所の人から出産祝いねだられた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3