不器用なわたしたち

  • 記事数 24
  • 読者 14
  • 昨日のアクセス数 10

テーマ:小説 > 回顧録

2016/12/01 20:45:30

  • 7
  • 0

「なに?残念?なんかして欲しい?」

「やややや。いや、嫌ではないんですが。あの。はぁ。。。」

「今日来てくれただけで嬉しいよ。変な電話してごめんな。」

いつもと違うちょっと弱気な高野さんにキュンとしてしまった。
キュンという感情自体初めてで、ほんとに心臓がキュンとなるんだなと思った。


「なに?そんな顔で見られるとムラムラする。」

「もう!またそんな事ばっかり!」


ははははと笑って2杯目のハイボールを作ってくれた。

「高野さん彼女いないんですか?」

「おい、俺をなんだと思ってるんだよ。」

「やー、モテるってよく聞くもんで。」

「ばか。」
とほっぺを軽くつねられた。

「宮沢、好きだよ。俺と付き合ってください。」

高野さんの真剣な顔をじっと見つめた。

いつも自信満々で仕事もバリバリで、遠い存在の大人の男の人。
なんか今日はちょっと可愛いくて身近に感じる。

「おい、返事は?」
またほっぺをつねられた。

「よろしくお願いします。」
ペコっと頭を下げた。

高野さんは私の頭をワシワシと撫で回した。
その顔は何とも言えない可愛くてカッコ良くて、
多分私はこの時の表情で一気に恋に落ちたのだと思う。


恋とは突然に落ちるもんなんだ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「今日は本当にありがとう。 助かったわ。」着替えをすませ...

  2. えり「それってさ...」仕事が終わってスーパーで買った食...

  1. ………綺麗な映像…最近のアニメは...

  2. 時間の感覚はなかった。すごく長いような、あっという間...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/24 編集部Pick up!!

  1. スーパー店員のある行動に愕然
  2. 遠方の結婚式に呼ばれ参加迷う訳
  3. 飲み会行って朝帰りする夫に疑問

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3