不器用なわたしたち

  • 記事数 24
  • 読者 14
  • 昨日のアクセス数 4

テーマ:小説 > 回顧録

2016/12/01 20:38:41

  • 3
  • 0

高野さんの部屋は
お店よりも明るい照明なのでちょっと安心した。


ソファに座るように言われた。
見覚えのある部屋。
あの時の事がよみがえってきて、赤面しそうになるのを
必死で堪えた。


「なんか飲む?」

「え、あ、じゃぁお水を。」

「飲まないの?」

「じゃあ高野さんと同じもので。」

ハイボールを持ってきてくれた。

乾杯して一口飲んだ。

さっきから思っているけど距離が近い。
膝と膝がくっつきそうだ。

無言で飲んでいた。
氷の音が部屋に響いている。

「宮沢」

「は、はいっ」

緊張し過ぎて変な勢いで返事してしまった。
恥ずかしい。

「仕事じゃないんだから。」
クスクスと笑われた。

「緊張してる?」

「はい。」

「大丈夫。今日はなんもしないよ。」

「へ?」



なんともマヌケな顔と返事・・・

同じテーマの記事

  • 172016/12/01
  • 222016/12/14
  • 212016/12/11
  • 202016/12/11

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. いつものように京平くんと小島くんがふざけてるのを 勉強...

  2. お風呂をいただいて、ミクちゃんに選んでもらった可愛い部屋着に...

  1. 「なんだ。。」「分かんなかった?」「ん。でも途中から...

    YOU.

    • 114
    • 0
  2. 部屋に入ると、タカヤは冷蔵庫からビールを取り出した。タ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/19 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3