不器用なわたしたち

  • 記事数 24
  • 読者 14
  • 昨日のアクセス数 8

テーマ:小説 > 回顧録

2016/12/01 20:38:41

  • 3
  • 0

高野さんの部屋は
お店よりも明るい照明なのでちょっと安心した。


ソファに座るように言われた。
見覚えのある部屋。
あの時の事がよみがえってきて、赤面しそうになるのを
必死で堪えた。


「なんか飲む?」

「え、あ、じゃぁお水を。」

「飲まないの?」

「じゃあ高野さんと同じもので。」

ハイボールを持ってきてくれた。

乾杯して一口飲んだ。

さっきから思っているけど距離が近い。
膝と膝がくっつきそうだ。

無言で飲んでいた。
氷の音が部屋に響いている。

「宮沢」

「は、はいっ」

緊張し過ぎて変な勢いで返事してしまった。
恥ずかしい。

「仕事じゃないんだから。」
クスクスと笑われた。

「緊張してる?」

「はい。」

「大丈夫。今日はなんもしないよ。」

「へ?」



なんともマヌケな顔と返事・・・

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. *21*

    2015/07/18

    多分、私は酔っていた飲み続けて6時間は経っていたから...

  2. 「 朝から お酒なんて 産まれて初めてだよ」そう言いなが...

  1. お風呂をいただいて、ミクちゃんに選んでもらった可愛い部屋着に...

  2. 部屋に入ると、タカヤは冷蔵庫からビールを取り出した。タ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/29 編集部Pick up!!

  1. 夫の不倫相手から連絡があった
  2. 彼が入院 見舞い行くか悩む理由
  3. 母の命日がくる度思い出す気持ち

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3