不器用なわたしたち

  • 記事数 24
  • 読者 14
  • 昨日のアクセス数 3

テーマ:小説 > 回顧録

2016/12/01 20:38:41

  • 3
  • 0

高野さんの部屋は
お店よりも明るい照明なのでちょっと安心した。


ソファに座るように言われた。
見覚えのある部屋。
あの時の事がよみがえってきて、赤面しそうになるのを
必死で堪えた。


「なんか飲む?」

「え、あ、じゃぁお水を。」

「飲まないの?」

「じゃあ高野さんと同じもので。」

ハイボールを持ってきてくれた。

乾杯して一口飲んだ。

さっきから思っているけど距離が近い。
膝と膝がくっつきそうだ。

無言で飲んでいた。
氷の音が部屋に響いている。

「宮沢」

「は、はいっ」

緊張し過ぎて変な勢いで返事してしまった。
恥ずかしい。

「仕事じゃないんだから。」
クスクスと笑われた。

「緊張してる?」

「はい。」

「大丈夫。今日はなんもしないよ。」

「へ?」



なんともマヌケな顔と返事・・・

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

  2. 2

    MyhoneyCin...

    3分前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 17229 / 読者数 3994

  1. 3

    未来予想図

    5日前

    幼なじみのハルとまお♡

    まお

    記事数 741 / 読者数 2751

  2. 4

    瀬奈

    記事数 602 / 読者数 1978

関連するブログ記事

  1. ハイ。ジャスミン茶。暖まりますよ。そう言ってカッ...

  2. お風呂をいただいて、ミクちゃんに選んでもらった可愛い部屋着に...

  1. 4人は私にコカコーラとミネラルウォーターを買ってくれた。...

  2. 「こっち来て座って」あれこれ動かしたり戻したりを繰り...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/27 編集部Pick up!!

  1. 躾が下手で息子の落ち着きが無い
  2. 電車内で妊婦さんが化粧し始めた
  3. 妊婦友人の食事条件がむずかしい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3