不器用なわたしたち

  • 記事数 24
  • 読者 14
  • 昨日のアクセス数 11

テーマ:小説 > 回顧録

2016/12/01 20:38:41

  • 3
  • 0

高野さんの部屋は
お店よりも明るい照明なのでちょっと安心した。


ソファに座るように言われた。
見覚えのある部屋。
あの時の事がよみがえってきて、赤面しそうになるのを
必死で堪えた。


「なんか飲む?」

「え、あ、じゃぁお水を。」

「飲まないの?」

「じゃあ高野さんと同じもので。」

ハイボールを持ってきてくれた。

乾杯して一口飲んだ。

さっきから思っているけど距離が近い。
膝と膝がくっつきそうだ。

無言で飲んでいた。
氷の音が部屋に響いている。

「宮沢」

「は、はいっ」

緊張し過ぎて変な勢いで返事してしまった。
恥ずかしい。

「仕事じゃないんだから。」
クスクスと笑われた。

「緊張してる?」

「はい。」

「大丈夫。今日はなんもしないよ。」

「へ?」



なんともマヌケな顔と返事・・・

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. *21*

    2015/07/18

    多分、私は酔っていた飲み続けて6時間は経っていたから...

  2. 不倫57

    2016/01/07

    健太との楽しい時間の後はGWで会えない寂しさを埋めるため...

  1. 行ったのは近くのダーツバー。お店のなかは夏休みやからか終末...

  2. 寒い季節はホットレモンに溶かして飲んでいた、粉末のコラーゲン...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/28 編集部Pick up!!

  1. 「もやし」を長持ちさせる方法
  2. 「草食系男子」がめんどくさい
  3. 「ガミガミ叱る育児」は疲れる

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3