不器用なわたしたち

  • 記事数 24
  • 読者 12
  • 昨日のアクセス数 5

テーマ:小説 > 回顧録

2016/12/01 20:35:23

  • 4
  • 0

やっといつもの高野さんに戻ってホッとした。

「ご機嫌なおりましたか?」

「ん?ああ。猛烈に恥ずかしくて後悔してた。」

高野さんは残りのグラスを飲み干して新しいのを注文した。

「なんで来たの?」

「あんなお電話貰っちゃったら無視できませんよ。」

「また今日も誰か迎えに来るの?」

首を横に振ってグラス見つめた。

「来た意味分かってんの?」

「意味。。。た、多分。」

「多分か。笑」

「俺なんか弄ばれてるきがする。」

「ち、違います!ちゃんと分かってます!」

「じゃ、場所変えていい?」

頷くだけで精一杯だった。

お店を出てタクシーの所まで歩くのに、グッと腰に手をまわされた。

内心
「ひゃぁ」っと声が出そうだったけど我慢した。

タクシーに乗ると高野さんは自分のマンションを伝えた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. サーファーの店に到着。「ハロー」「ちぃ!カコちゃん!...

  2. 11/02

    ルイさんは気分でフイっと電話をくれる。それは、本当にルイ...

  • このページのトップへ

    GIRL’S TALKにログインする

    Ameba新規登録(無料)はこちら

    6/27 編集部Pick up!!

    1. 様子見て「産まないほうが良い」
    2. 叫ぶ女性 発情期の猫かと思った
    3. 園のグループLINEで実感した事

    人気ブログ記事ランキング

    1. 1

    2. 2

    3. 3