My Secret story

わたしの2年間のだれも知らない秘密。

  • 記事数 20
  • 読者 11
  • 昨日のアクセス数 6

テーマ:小説 > 男女関係

2016/12/01 20:08:48

  • 3
  • 0

にっこり笑って軽く手を振るかずさん

それに気付き私は近付いて行った
「お久しぶりです」
私はそう言いながら向かいの椅子に座った

「リオちゃん!!久々だね!」
かずさんはニヤニヤしながら言ってきた

「かずさん お元気そうでなによりです」
私はにっこり笑った

「相変わらず リオちゃんは
美人さんだね!本当にクォーター
羨ましい」

かずさんの見え透いたお世辞と
女を落とすための口説き文句が
出たなと思った。

「相変わらず お口がお上手で」
私はにっこりそう言った

「すぐそうやってリオちゃん
言うよね。本気なのに。
ご飯なに食べたい??」

かずさんにそう言われ私は
せっかくここまで来たし
かずさんの奢りだし!!
と思い私はおねだりした。

「ちょっと高い居酒屋で
お酒飲みたいです!!」

同じテーマの記事

  • .12/09
  • .12/05
  • .12/09
  • .12/05

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 相変わらずの日々が続いたある日サオリから女子会の誘いがあり...

  2. .

    12/05

    正直 かずさんの事タイプでしたスラッとしていてカラダを鍛え...

  1. .

    12/09

    「待て待て。ダンディーな方が好きなだけなんだからやめなさい」...

  2. なんとか8時までには会場に入る事ができた。ここでも知った顔...

    しのぶ

    • 114
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/30 編集部Pick up!!

  1. アラフォー独女の発言にガッカリ
  2. 夫親戚結婚式で腑に落ちない出費
  3. 念願の妊娠したが住まいが悪条件

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3