旦那の不倫発覚から離婚までの軌跡

離婚が正しかったのか分かりませんが、今幸せです

  • 記事数 16
  • 読者 16
  • 昨日のアクセス数 289

友人に助けてもらって…

しおりをはさむ

テーマ:恋愛 > 不倫

2016/12/01 16:29:10

  • 5
  • 0

彼との話し合いはまともに進まず、
姑との仲は修復不可能になり、
実家の両親からは、実質、彼と一緒になるなら親子の縁を切るというような事を言われ、、
八方塞がりになった私は、しばらくは何も考えないという選択をしました。


彼と今まで旅行に一度も行ったことが無かったので、ずっと念願だった国内一泊旅行をせがみました。

彼のことが、まだとても好きでした。

初めての旅行は幸せで悲しい、、何とも言えない旅行でした。

数ヶ月後、旅行の写真が彼から謝罪文と共に実家の両親宛に送られて来るのですが、胸が痛くなるのでとても見られませんでした。


彼を信じてみようかなという気持ちになったり、何も見えてない自分第一の彼は、また同じ事を繰り返して私を傷つけるだろうと思えたり。
ずっと揺れていました。

これも後で分かった事ですが、彼はご実家のご両親に、浮気の件についてほとんど説明してませんでした。
おそらく、詳しく聞かれもしなかったと思いますが、特に自分がより悪く思われるような情報を彼ははしょって説明していました。
結婚式を中止することについて伝えなければならない人たちへの説明も、友達への説明もそうでした。
隣にいて、悔しくなりました。


しばらく話し合いもせず、現実逃避していましたが、ある出来事がきっかけで、彼にいったん籍を抜く事を提案しました。

このままだと、ずるずるこの関係を続け、浮気事件はなかった事にされ、私はもうその時には離婚するようなエネルギーがなくなってるだろうって、直感的に思いました。

浮気発覚からちょうど2ヶ月たっていました。
彼は「それでもいい、うちの親も戻りたいと思ったらまた籍を入れればいいと言ってた」との事でした。

籍を抜いてからも、私は週末彼が一人で住む新居に泊まりに行ってました。

その後夫から、新居に一人でいるのは辛いから、いったん実家に戻って、一人暮らしのアパートに引っ越すよ、と言われました。


彼ともギクシャク、自分の両親とは一触即発でした。

なぜ私が答えを出すまで待ってくれなかったのか?と、両親を泣きながら責めていました。


この頃になると、私は主に女友達と会っては話を聞いてもらってました。
結婚式をドタキャンする事になり申し訳ないという事を伝えると、何があったの!?良かったら聞くよ!食べに行こう!と親身になって声をかけてくれる友人がいました。
何度も何度も話を聞きに出てきてくれた妊娠中の女友達もいました。



この一連の離婚騒動は経験しないに越したことはない、必要のない苦労でしたが、助けてくれた多くの友人との繋がりを考えると、あの悩んだ時間も決して無駄ではなかったんだと思います。

私の代わりに怒ってくれたり、泣いてくれたり。。

中には、彼の知り合いの女性・友人であるにも関わらず、彼は友達としてはいい人だけど、あまりにひどすぎる!あなたは本当にいい人だから、別れた方がいい。もっといい人が必ず現れるよ、と言う人もいました。

彼の友人なので、その一度きりでお会いしてませんが、それでも救われました。


信頼できる友人がいたから、私は救われて、乗り越えられたと思います。
彼女たちには心から、とても感謝しています。


無料弁護士の法テラスでは、離婚になった際の彼への慰謝料請求について教えてもらうことができました。
婚約中の浮気は、婚姻中の浮気よりも根拠が弱いが、それでもその不貞行為によって離婚が成立してるので取れますよ。と、言われました。

実際、彼を訴えることなど私にはできませんでしたが。

離婚後も1年間から1年半くらい、彼から離れるのがあまりにも辛くて、訴えれば縁が切れるしその方が楽かもしれない…などと考えていましたが、そこまでの強さが私にはありませんでした。

通常は、じっくり向き合って、とことん話し合って、数年かけてやっぱり無理だとなってから離婚するものだと思いますが、私はすぐに離婚したせいで、離婚後に長い苦しみの時間が訪れました。

でも、エネルギーのあるうちに離婚を決断したのは、私のような人間にとってはベストな選択だったように、今は思っています。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. 夫一筋でも「怪しい」と疑われる
  2. 彼「ダメンズ」にしてしまう女性
  3. 霊感強い女性が病院で見たもの

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3