ブログランキング69

【小説】ボク恋~大学生編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。ご注意ください。

  • 記事数 1749
  • 読者 473
  • 昨日のアクセス数 4653

前借【380】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/12/02 17:03:07

  • 32
  • 0

★ボクはそれでも恋をする★       





客が全員部屋へ戻ると、フロアスタッフが
片付け始める。

山崎は指示されてないのに、それに加わった。


「やっぱり、タクミに似ている」


自分から仕事に飛び込んでいく姿が重なり
リキの胸が切なく軋んだ。


「3日に連勤が明けるから、連絡でもして
みるか。もう、帰国しているだろう…」


ジャケットの内ポケットから、プライベート
のスマホを取り出し、メール画面を開く。


「連絡はなしか……」


リキはため息をついて、スマホをしまった。









「原田さん!」


社員食堂で昼食をとっていたリキの所へ
山崎がとんかつ定食の乗ったトレイを持って
現れる。


「隣り、いいっすか?」

「ああ、空いてるよ」

「お邪魔します」


椅子を引いて、トンと座る。


「原田さん、それだけですか?」


リキのトレイにはネギと薄いかまぼこが
乗っているだけのかけそばがあった。


「あんまり食欲がなくてな。12時間遅れ
の年越しそばってとこだ」

「栄養とらないと、倒れますよ。ほら
俺のとんかつ、一切れどうぞ」


と、真ん中の一番大きなとんかつを箸で
つまみ、リキの口元へ運ぶ。


「それは山崎くんが食べなきゃ」

「俺は両サイドを全部食べるから、大丈夫
ッスよ。ほら、あ~んしてください」

「あ~んは勘弁してくれ」

「そばの上に置いてもいいんですか?」

「いや、それは…」


リキは観念して、口を開ける。
大きなとんかつを口にねじ込まれ、リキは
モゴモゴした。


「どうっすか?美味いでしょ。ここの
とんかつサックサクなんっす」

「ハフハフ……だな」

「はい、もう1つ」

「もういいよ。君が食べなさい」


リキは箸を持つ山崎の手を押さえた。


「う~ん、もっと栄養とって欲しいです」

「エナジードリンク飲んでるから」

「え~~、あんなもんダメっすよ。あれ、
命の前借って知ってました?体が休みたい
のに、ドリンクでリミッター切って、命
燃やして、働くんです。寿命を必要以上に
使っちゃうんですから!」


山崎の言いたいことは判るが、今のリキは
仕事でタクミを一時、忘れたかった。





同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 幼い頃からの夢の結婚式に悩む
  2. 姉が出産 子の名づけに嫌な予感
  3. 結婚1週間 離婚したくて置手紙

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3