ブログランキング45

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2446
  • 読者 584
  • 昨日のアクセス数 4795

ロビーで【379】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/12/02 17:02:30

  • 32
  • 0

★ボクはそれでも恋をする★       





こちらは北海道


アンシェント小樽でも、ロビーでカウント
ダウンが行われ、宿泊客と従業員とで、
盛り上がっていた。


ドアマンとベルボーイがクラッカーを持って、
0時の瞬間に一斉に鳴らす。


パーン!パパ―ン!


『ハッピーニューイヤー』


山崎もクラッカーを鳴らし、楽しそうに踊って
いる。それをリキはフロントカウンターの中
から見ていた。


「みんな、楽しそうでよかった」


深夜勤のスタッフが総出で、客に飲み物を
配り、とても喜ばれている。

こういう企画は今までなく、チーフマネージャー
に提案したときは、反対されたが、リキの
説得で実現したのだった。


「原田さん」

「チーフ。あけましておめでとうございます」

「ああ、君の企画、大成功だったね」

「ありがとうございます」


チーフが持っていたスパークリングワイン
を差し出す。


「私はまだ朝まで勤務がありますから」

「アルコールは入ってないよ。安心したまえ」

「それなら、頂きます」


リキは受け取り、一口飲む。


「美味しい」

「始めは君の事、本社からの出向でみんな
疎んじてたけど、誠実な仕事ぶりにいつの
間にか、君の事を慕っている。さすがだよ」

「いえ……」


リキは首を振り、視線を下げる。


「この企画だって、君の熱意で実行し、
こうやって成功した。さすがだ」

「これは、スタッフ全員の力です。私、一人
ではなしえませんでした」

「そういう、謙虚なところも、見習わねばな。
原田さんは15連勤だって?大丈夫かい?」


チーフはリキの腕をポンと叩く。


「はい。体力には自信があります」

「若いな。さて、ロートルはそろそろ退社
させてもらうとするか」

「お疲れさまです。後はお任せ下さい」

「ああ」


チーフはスタッフ通用口から、出て行く。
それを見送ったリキは山崎に目配せする。

山崎もそれに気づき、フロントへやって来た。


「原田さん、何ですか?」

「そろそろ、お客様方をお部屋へ…」

「了解です」


山崎はビシッと敬礼して、同僚とともに
客の誘導を始めた。






同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 3章才能の豊かな魅力にとりつかれ通いし異性振りほど...

  2. 真夜中やわらかい毛布に君を抑え付け激しくベットを軋ま...

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       コンコン...

  2. 水炊き

    2016/10/28

    水炊き水炊き昆布入れて名古屋のみんなが不思議そうに眺...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/23 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら
  3. 共稼ぎなのに夫が家事をしない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3