リア充サバイバル

オタク女とヤバい奴等。

  • 記事数 321
  • 読者 448
  • 昨日のアクセス数 376

テーマ:小説 > 男女関係

2016/12/01 14:46:37

  • 116
  • 0

優君と遊んでいる間に黒川さんがご飯を作り終えていた

『あ、私の計画が…』
『お前の料理は優にはまだ早いから』

美しいオムライスが並ぶ。
りんごがうさぎになっているのをツッコミたい。

食べ終わると、優君は眠そうになってしまった。
うとうとしている。

『今日は優君はお泊まりなんですか?』

せめてお皿は洗わせてもらっている。

『いや、そろそろ茜が迎えに来ると思うけど。』

『え、茜君が来るんですか?』

『兄貴の嫁さんが今日手術で兄貴も付き添ってるからな~。学校帰りの茜しかいないんだよ。』

うーん。
なんとなく今茜君と会うのは良くないような……
考えすぎだろうけど。

『じゃあ、そろそろ帰ります。』
お皿も洗い終えたし。

『茜に会うの気まずい?』
意地悪そうに聞いてきた。

『なんでそうなるんですか?』

『なんとなく』

黒川さんが茜君の気持ちに気付いてないわけないし
私が気付かないふりをしたこともバレてるのかな。
それであえてからかってるのか。

『そういうところ、嫌いです』

『はいはい。』

『だいたい、茜君の気持ちを知ってたなら教えてくれたって良かったのに。』

『教えた所でなんか変わったのかよ。そもそもお前は隙だらけなんだよ。いつも。』

『は?どこが』

『茜にしても、あのカメラマンにしても。』

『槙ですか?ちゃんと断りましたよ!』

『やっぱり告られてんじゃねーか。それが隙なんだよ』

イラっ!
あんたに言われたくない‼と言い返そうとしたら



『ケンカ?だめだよ?』
優君が黒川さんの服の裾を引っ張った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 真宙さんは翌日から学校帰りに車で迎えに来てくれるようにな...

  2. 「あっ‼︎ママ〜(笑)」優真は嬉しそうに私に近寄って来ま...

  1. 優くんとゆっくり話すのは久々だった。てか、二人で帰るとか初...

  2. その後も何度もお互いに求めた、与えた 身体をあわせればあわせ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/26 編集部Pick up!!

  1. 結婚予定だが会話ほとんど無い
  2. 幼稚園ママのLINEグループが面倒
  3. 既婚の元彼から電話来てガッカリ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3