ブログランキング11

Hypnotic

藤田先生と千晴編。

  • 記事数 161
  • 読者 1117
  • 昨日のアクセス数 29797

テーマ:小説 > 男女関係

2016/12/01 14:02:43

  • 163
  • 0

じめじめとした梅雨が明け、7月になった。
遥や、小林先輩たちの姿もなくなったことには、もう誰も気に留めず毎日が過ぎている。

遥に付けられたキスマークはとうに消え、痕を残していない。そろそろ、気を張っていたのが緩み始め、遥会いたさに切なくなる日が増えてきた。


村上先生も、美咲ちゃんと私とを気にかけてくれている。
先日の観測会前は、高田部長と私、美咲ちゃんに、頂き物のプリンをくれた。「三つしかないから急いで食べなさい」と言われて、笑いながらかっ込んだ。

受験生の高田部長は、村上先生がやっている研究の道に進みたいらしく、進路の相談をしていたそうだ。

もうすぐ先生は、いなくなってしまうけれど……
みんな、いろんな形で先生にお世話になっている。



東野君には、遥と付き合っていることを告げた。
遥の代わりに図書委員を引き受けてくれて、初めての当番の時間中に話したのだ。


「……そうかぁ…。薄々、そうかなーって…。あいつ転校前、必死で頼みこんできたんだよ。白川の連絡先教えてくれって。でも、白川もああいうのが好きだとは…」

と笑っていたが、何と、遥とは今もたまに連絡を取っているらしい。
遥は、私には何も言わないんだなぁ。


「いらっしゃいませ、こちらあたためますか?」

6月から無事始められたコンビニバイトも様になってきた。
バイトすることについては、意外にも母が「自分で稼ぎたいならいいんじゃない」と承諾してくれたのだ。但し、成績は落とさないこと、と。


あの優しそうなお兄さんは藤田さんという名前だった。このあたりではわりと名の知れた大学に通う21歳。
最近よく、誰か紹介してと頼まれる。

「ねえ、碧ちゃん。かわいい友達いない?」

「………何ででしょうか…」

「かわいい女子高生と話したいんだよー」

「彼氏持ちの友達しかいません…」

千晴は彼氏いるし。
美咲ちゃんは彼氏はいないが、最近高田部長と仲がいいのを知っている。淡い部内恋愛中の二人は羨ましく微笑ましい。


そんな毎日だが、夏休みに入るとすぐお給料がもらえる。
もらったらすぐに遥に会いに行くと決めている。

遥も同じ事を考えていたようで、すぐに会いに来ると言っていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 奨学金利用したら親として失格か
  2. クリスマスに結婚式とかやめて
  3. 子の発達障害を疑われショック

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3