不器用なわたしたち

  • 記事数 21
  • 読者 13
  • 昨日のアクセス数 6

テーマ:小説 > 回顧録

2016/12/01 12:03:52

  • 3
  • 0

いつも通り飲みに行って、その日は割と頭が冴えてもっと飲みたい気分だった。

上司の高野さんがバーに連れてい行ってくれると言ったので何人かでついていった。
すっごくオシャレなバーでそれだけで私のテンションは上がった。
言われるがまま出されるがままお酒を飲んでいたら、記憶を飛ばしてしまった・・・


目が覚めたら知らない部屋だった。
ベッドに寝ていてぼんやり天井を眺めて呑気にここは何処だろうなんて考えていた。

「起きた?」と声を掛けられたので重い身体を動かすと高野さんがいた。

びっくりして飛び上がった。

「大丈夫。なんもしてないから。」

はいとお水を貰った。
まだお酒が残っている手は力が入らずペットボトルの蓋が上手く空かない。

クスクスと笑って蓋を開けてくれた。

ペットボトルをの水を一口飲んで、思い出してみても全然思い出せない。
ぽっかり空白だ。


「あの・・・ここは何処ですか?」

「俺んち」

ああ。。。やってしまった。

時計を見ると1時だった。
ヤバい、帰らなきゃ。。。

「あの、すみません。お邪魔しました。」

ベッドから降りて立ち上がったら、一気に酔いがまわり、
グラリときた。

ソファに座りながら高野さんは仕事を広げていた。
私はどれくらいね眠っていたのだろう・・・


「明日休みだし泊まっていっていいよ。」

「いえいえいえ。そんな事はできません。」

カバンを肩にかけ、こういう場合どうしたらいいのかモジモジしていたら

高野さんはソファからゆっくり立ち上がった。

「相手が俺で良かったね。今度からは気をつけるんだよ。」

「はい。今後気をつけます。」

「タクシー呼ぶまで待ったら?」

「あのここどの辺ですか?」

「◯◯だよ。」

あ、それだったら長瀬が迎えにきてくれるかもと、
ちょっと失礼して、ダメもとで長瀬に電話したらちょうど近くで飲んでいるから迎えに来てくれると言ってくれた。


「彼氏?」

「あ、いえ、友だちです。」

「おとこ?」

「まぁはい、家が近所なもんで。」


ふと影が覆いかぶさってきた。
何をされたか一瞬分からなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. カシャーサはけっこう強いお酒。でもハリーの言うブ...

  2. EP13

    05/26

    お酒はそんなに弱い方でもなく、ある程度自分でも限界は把握し...

  1. 0005

    2015/12/11

    バーではノンアルコールカクテルを貰い乾杯をした……ホテ...

  2. 少しキャンパスから離れた広い公園の駐車場に車を停めた。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. ボーナスに夢を見過ぎな新入社員
  2. 親の葬式で泣いたら「恥さらし」
  3. 人間と犬を比べないでほしい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3