不器用なわたしたち

  • 記事数 24
  • 読者 14
  • 昨日のアクセス数 10

テーマ:小説 > 回顧録

2016/12/01 11:36:48

  • 3
  • 0

「いやいや、夏から見てきたけど、ほんとモテ要素ないよね。
そもそもどれくらい彼氏いないの?」

「いないって決めつけですか?!」

「いないっしょ。笑」

「まぁそうだけど。。。」

「どんくらい?」

「君こそ彼女とどんくらい付き合ってるの?」

「半年くらい?まぁでも秋くらいに別れた。」

「え?なんで?」

「勉強の邪魔だったし。」

「じゃぁ距離置くだけで良かったんじゃん。何も別れなくても。」

「イロイロあんの。んで、どんくらいいないの?」

「・・・」

「まさかゼ・・・」

「るっさいなぁ。そうです。ゼロです。」

「マジか。なんかそんな気はしたけど。」

「好きな奴もいないの?」

「いない。」

「一回も?」

ビールを飲みながらうんうんと返事した。


それからはまた私のダメだしとか、長瀬の今までの恋愛遍歴などを聞いてその後の記憶が曖昧になるくらい飲んだ。

そして帰りは近所なもんでモチロン一緒。笑

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ケンさんとのお別れを引きずったまままぁ君と付き合うことにな...

  2. 011

    2015/07/09

    その日の夜、泰斗からメール。「ワカナと別れた。」...

  1. 離れる

    2014/07/18

    あーほんとだ。私は、君の全部を知ることはできない。...

  2. やっぱ追われる恋愛の方がうまくいくと思うし告白は男か...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/23 編集部Pick up!!

  1. 遠方の結婚式に呼ばれ参加迷う訳
  2. 買い物中呆気にとられた客の行動
  3. 「私は人妻」とアピールする友人

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3