ふつふつと

日々の生活で感じた事

  • 記事数 49
  • 読者 9
  • 昨日のアクセス数 23

安保のこと

しおりをはさむ

テーマ:雑感 > 世論

2016/12/01 09:33:16

  • 0
  • 0

チダイさんのブログから。

>暴力は、新たな暴力を生む。


しかし、安倍政権はアメリカ様のケンカの誘いに

乗ろうとしています。間違っても「戦争したい」と

言わないように、言葉のトリックを駆使しながら。


「集団的自衛権」という言葉も、日本が他国から

攻撃を受けた時に、みんなで戦うための権利だと

言っていますが、実質的には、アメリカがケンカを

始めた時に、一緒になって他国を攻撃する権利を

意味しています。


「後方支援」という言葉も、「戦争」においては、

ほとんど意味のない言葉です。あの国は後ろで

燃料を補給してあげているだけで敵ではないと

思う奴がいるなら、一度会ってみたいです。


「集団的自衛権の行使には、世界で最も厳しい

条件を設けている」と豪語しますが、ペラペラの

薄い壁を作って、「原発の安全基準が世界一の

厳しさだ」と豪語している国の「世界一厳しい」は

世界一アテになりません。


しかも、集団的自衛権の行使は、憲法学者が

口を揃えて「憲法違反だ」と指摘していますが、

長年にわたって憲法を研究してきた専門家が

「憲法違反だ」と言うのに、ポツダム宣言さえも

読んだことがない安倍首相が、「憲法違反には

ならない」と言えるのは、一体、なぜでしょうか。


そして、原発事故の時に、あれだけ「専門家が

ただちに害はないと言っているのだから安全」と

言っていたネトウヨが、専門家より安倍晋三を

支持しているのは、バカだからなのでしょうか。


そもそも憲法とは、安倍首相のような独裁的に

決めてしまう暴走政治家が現れた時に、国民の

権利を守るために存在しています。


僕たちが平等で、自由で、税金を納めて暮らす

その根底には「憲法」があります。もし「憲法」が

守られなくなると、僕たちは不平等で、不自由で、

安倍晋三様のために死ななければならなくなり、

過去の過ちに何の反省もなくなってしまいます。




実際、安倍さんは自衛隊のことを「我が軍」と呼んでいます。

それとたとえ、後方支援だけであっても、戦争の戦略として支援ルートを断つというのは典型的なセオリーですから、必ずしも安全とは限りません。
これまでの「周辺事態法」は、朝鮮半島有事などを想定し、日本周辺で米軍のみを支援する為のものでしたが…

日本が独自に自国を守る「個別的自衛権」はもう持っているにも関わらず集団的自衛権を一生懸命通そうとする安倍政権。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 体調不良が原因でクビになった親
  2. 誕生日に元彼からケーキが届いた
  3. 休み月6日 月給13万円 賞与なし

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3