旦那の不倫発覚から離婚までの軌跡

離婚が正しかったのか分かりませんが、今幸せです

  • 記事数 16
  • 読者 12
  • 昨日のアクセス数 1005

両家の親の登場①

しおりをはさむ

テーマ:恋愛 > 不倫

2016/12/01 09:00:28

  • 6
  • 0

ここまでは旦那の浮気にどう決着をつけるか?
2人の間だけの話だったのですが、ここから家族を巻き込むことになり、話はどんどん複雑になっていきました。

兄に相談し、その後彼に事実確認をした翌日、丸二日眠れずにいて、私は仕事を一日休むことにしました。
彼は仕事に出かけて行きました。

新居で寝ていると、チャイムが鳴り、出ると私の両親が立っていました。
心配した兄から、両親へ話がいったんだと、すぐに悟りました。
親に知られたら、別れさせようとしてくるのは目に見えていたので、ちょっと待ってくれ!とも、思いました。

親は何も言聞かずに、彼とはちょっと距離置いて考えたら?一度実家に戻ってゆっくり今後のことを考えたらいいよ。と穏やかに言いました。
どうせ帰るなら、荷物も一緒に積んじゃった方がいいでしょう?


私は実家へ自分の荷物を積んで両親と一緒に帰ってしまいました。
これは、完全に私の過ちでした。
後に、姑から、親離れできてない!と叱咤される事になります。


もともと、過干渉気味の実母と、道理を通す事が大事で正論ばかり言う実父から早く逃げ出したい!ちゃんとした自分の価値観で家庭を作りたい!という気持ちが強かった私は、友人からの「家族と仲がいいよね」の言葉が嬉しくありませんでした。
早く一人暮らしがしたかったけど、チャンスがなく、説得に欠ける理由しかありませんでした。
男友達に言わせると、そもそも、一人前の社会人が自由に一人暮らし出来ない方がおかしと言われましたが、我が家ではいいプレゼンが出来ないと正論でやり込められるので、難しかったのです。
事後報告しようものなら、仕事へ行けないくらいの話を一晩中仕掛けられ、怒られました。

自分にいつまでも自信がなく、自立しないと!と、大学受験も地方国立受験したり、(結局、学費が安い私大の特待生制度を優先しました)早く家を出たい気持ちが強かったので、結婚も最初は不純な動機だったかもしれません。

実家に帰って2日ぶりにようやく寝て起きた夜、これで本当に良かったのだろうか?ともやもやするものの、疲れて思考停止でした。

内心、父は怒り心頭だったのでしょう。表には全く出しませんでしたが。
結婚式場は早く断らないとキャンセル料がかかる時期に来ていたので、彼のご実家に電話していいか?と聞かれ、いいよと私も答えていました。

離婚の話が出ている。
理由は私から言うことではないので、息子さんから聞いてください。
結婚式は中止したいと本人も言っておりますので、了承お願いします。
もしも離婚になったら、息子さんがストーカーにならないようにしてください。


今考えれば、父は内心、相当怒っていたでしょう。
言葉にちょっと棘がある(^^;;


彼のご両親は驚くやら何が起きたのか分からないやらで、彼の携帯に連絡を取った様子。
仕事が終わって帰る彼に電話がかかって来て事情を説明したと、後で彼から聞きました。
彼から電話がきました。ワーワー泣きながら、帰ってきて欲しいと言われました。
私もその時に今まで張り詰めていたものが切れて、初めて電話口で彼の前で泣きながら、明日帰る。話し合おうと返事しました。

翌日、彼は
自分が悪かった、あなたにどこにも不満はなかった。
と、謝ってきました。

彼とは初日話し合いにすらならなかったのですが、彼と一旦離れた事で、まだちゃんと話してないのにこんな風に離れるのは嫌だ!という気持ちがただ強くなり、新居に一泊する事にしました。

しかし、話をしていて、厳しく問い詰める内容になると、彼は震えが止まらなくなり、私が彼の健康やメンタルに対して不安を感じるほどの症状を見せるようになりました。
夜中に悪夢を見たのか、彼が叫んで眼が覚めることもありました。
なんだか彼が可哀想で見ていられなくて、しばらくは、話し合いしなくてもいいかなと、思いました。


翌日は一旦、必要最低限の荷物を取りに実家へ帰ることになり、週末の話し合いに向けて用意しました。


彼に夜電話したら、彼も実家に帰ってきていると言うのですが、昨夜の様子と一転していました。
夫は冷静で落ち着き払っていました。
すごく、いやーな予感がして、予感は的中しました。
彼に何を言っても響かなくなっていました。
この変化はなんだろう?昨日までの彼とは別人で、別の人と話してるように感じました。


彼が言うには、姑が、私と私の親の事を色々言っているというのです。

結婚したからには2人で解決すべき問題なのに、親がしゃしゃり出てくるなんて、30歳近くもなって、親離れも子離れも出来てない。
荷物を持って実家に帰るなんて、結婚の覚悟が出来てない。
先の嫁の親が出てきたんだから、嫁の親が謝ってこなくちゃ、私たちは結婚式に参列しない。
そもそも、人を殺して犯罪を犯したわけじゃないのに、結婚前の浮気くらいで親が謝る必要はない。
結婚式費用に考えていた貯金の話も、独身時代の夫のお金の事をあーだこーだ言ってくる嫁が怖い。
息子をストーカー扱いするなんて!と、この事を一番怒っていたようです。

彼は、彼のご両親のどちらからも、怒られることは一切無かったようです。

これには驚きました。



嫁と嫁の実家の事をこれだけ言われて、私がどう感じるかなんて、彼の皮膚感覚には無かったのでしょう。

血の気が引きながらも、うんうんと、彼から冷静に情報を聞き出しました。




もう無理だ。修復不可能だ。




これが、私の中で分かりきった、出切った結論でした。

1つの判断の失敗が、姑の攻撃対象になったのとを悔いました。

姑は、メンタルが心配な息子にあなたは悪くないと言い続けたのだろうと思いました。
(後に、姑と夫の電話でのやりとりで、あなたはあの時震えて大変だったじゃない!プロポーズ後の浮気なんて聞いてないわよ!との姑の声が聞こえてきました。)


結論はほぼ見えていて絶望的なのに、私はここからかなりの悪あがきをしました。


私たちの問題は一旦置いておいて、お互いの親をなだめることを優先しよう。
あなたと私の協力が必要不可欠。あなたにできる?と、タッグを組もうとしたのです。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 母親教室の参加者にビクビクする
  2. 相続した不動産の価値が心配
  3. 夫と同棲する女性に慰謝料請求

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3