アメリアさんのブログ

  • 記事数 147
  • 読者 14
  • 昨日のアクセス数 370

され妻雅美の回顧録からの教訓(別記ver Ⅰ)⑨

しおりをはさむ

テーマ:恋愛 > 不倫

2016/12/01 23:31:06

  • 1
  • 0

※このあと、私は転勤になり職場の場所が変わり不倫現場を目の当たりにしなくなったのと、通勤時間も長くなったり、仕事も忙しくなったり、家に帰ると沢山の家事が待ってて、余計な事を考える暇もないくらい忙しい毎日を送っている間に、随分と年月が経ちました。ほぼ私の頭の中から栞菜さんが消えかかってました。今年のあの日まで…… そう、あの日あの場所で 栞菜さんと栞菜さんにそっくりなお母様に会うまでは……。

その二人は、既に過去に何事も無かったように とても楽しそうに地元のお祭りで歩いておられました。きっと、栞菜さんの娘さん(不倫当時7才だった真優さん)が、中学生になられ、地元のお祭りで踊られるのを見に来られたんだと思われます。私の数歩前を主人が歩いておりました、その後ろを歩いてた私。速足の主人を人混みで見失わない様に後をついて行ってました。でも、何故だろう、何気にふと斜め前を見たら お母様と歩いてる栞菜さんと目が合いました。
私と目が合ったと言う事はその前を歩いていた主人に気がついていない訳がなく、きっと 主人がいた󾬆と、目を泳がせたらその先に私がいて、目が合ったので一瞬にして彼女の顔が曇り、目を反らせました。きっと栞菜さんもこの世で一番会いたくない人物に、娘の晴れ姿を見る前に会ってしまって、気分が悪くなった事と思います

ログインしてこの続きをみる

関連するブログ記事

  1. 週末は、家族楽しく過ごしていました…。公園に行ったり、映画見...

  2. 卒業式の時には、主人も駆けつけてくれました。主人のお母さ...

  1. 主人との身体の関係は、納税の義務で、マグロ以下…何の感情も...

  2. 主人の不倫が発覚した当時私は本当におかしくなってて下...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/28 編集部Pick up!!

  1. 義父から「子宮取っちゃえば」
  2. 夫が浮気相手宛のLINE送ってきた
  3. 夫が息子の名前を呼び間違え動転

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3