いとしいひと。

結婚するまでの忘れられない恋。 忘れられない人と恋をした記録。

  • 記事数 89
  • 読者 88
  • 昨日のアクセス数 22

2016/12/01 00:35:38

  • 16
  • 0

「じゃあ…結婚するんだね…」


「…。」


「奥さんと子供幸せにしてあげてね。」



「…。」




「…ずっと一緒にいられると思ってた…」



「…。」




「ねぇ、なんかいってよ…」







「ごめん…

りほ、ごめん。」





「謝ってほしいわけじゃないのに…」




彼が突然抱きしめる




肩が震えてて


泣いてるんだ…って思った。

“好きだよ…”の言葉を

なんども言いかけて飲み込む。


きっとお互いに。






私は彼の肩越しに


やけにキラキラした夜景を見てた。



空気がキン、と冷たい冬の夜。


空気が澄んでいて

瞬く光は
とても綺麗だった。





涙が滲む



光の洪水。




こんな綺麗な景色が

こんな記憶と共にあって





私、夜景嫌いになるだろうな…って

どこかで、思った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 星空。

    2017/01/21

    冬になると空気が澄んで星がとても綺麗に見える。綺麗な星...

  2. 山道を走って目指したのは前に椎名さんが連れて来てくれた、...

  1. 夜景がキラキラ綺麗で、椎名さんの言葉を思い出していた。...

  2. 彼はよく夢を語ります。まずは自分の人生を結婚する前に戻し...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/21 編集部Pick up!!

  1. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3