いとしいひと。

結婚するまでの忘れられない恋。 忘れられない人と8年ぶりに恋をした記録。

  • 記事数 84
  • 読者 80
  • 昨日のアクセス数 167

2016/12/01 00:35:38

  • 13
  • 0

「じゃあ…結婚するんだね…」


「…。」


「奥さんと子供幸せにしてあげてね。」



「…。」




「…ずっと一緒にいられると思ってた…」



「…。」




「ねぇ、なんかいってよ…」







「ごめん…

りほ、ごめん。」





「謝ってほしいわけじゃないのに…」




彼が突然抱きしめる




肩が震えてて


泣いてるんだ…って思った。

“好きだよ…”の言葉を

なんども言いかけて飲み込む。


きっとお互いに。






私は彼の肩越しに


やけにキラキラした夜景を見てた。



空気がキン、と冷たい冬の夜。


空気が澄んでいて

瞬く光は
とても綺麗だった。





涙が滲む



光の洪水。




こんな綺麗な景色が

こんな記憶と共にあって





私、夜景嫌いになるだろうな…って

どこかで、思った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 流星群を見逃すまいと公園にひとり立つ澄んだ冬の空気吐...

  2. この冬、ルイ君は結婚した。ずっと同級生だった彼女と。...

  1. いつも思ってた。私って、彼の目には本当はどんな風...

  2. 冬になると空気が澄んで星がとても綺麗に見える。綺麗な星...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/26 編集部Pick up!!

  1. 結婚予定だが会話ほとんど無い
  2. 息子の1歳半検診で勧められた事
  3. 既婚の元彼から電話来てガッカリ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3