セフレに片思い

  • 記事数 35
  • 読者 27
  • 昨日のアクセス数 24

テーマ:恋愛 > 片思い

2016/12/01 00:29:18

  • 0
  • 0

「20時に◯◯駅でいいかな? 」
純君の最寄り駅で待ち合わせになった。

「了解です。」

それ以後、当日までラインの返信はなし。
え?こーゆーのって、当日までたわいないラインをお互いにしないの?
大人は違うの?忙しいんだなきっと。

自分の良い方に考えた。



当日。
「今日大丈夫かな?」

「はい、楽しみです。駅に着いたらラインします。」


服装に悩みながらも自分なりにオシャレして、1時間かけ電車で待ち合わせ場所へ。
待ち合わせの少し前。
もう駅に着いていたが、時間になったら着きましたのラインを送ろうと思っていた。

すると、純君から先にラインがきた。
「ごめんね、まだ仕事終わらない。
これ住所だから家までこれる?」

え?よく知らない土地だし、方向音痴。
携帯の地図アプリがあるけど、使い方分からない。不安が押し寄せる。
最初から遅刻なんて…仕事だし仕方ないけど。

「分かりました、私は大丈夫なのでお仕事頑張って下さい」

駅員さんに地図を見せ、なんとか家まで辿り着く…ふぅ。

「マンションの前着きましたよ〜
終わったら連絡下さい。」

マンションの前でぼーっと待つ私。

ピッピ〜〜
車のクラクションだ。
鳴った方を見ると、純君だ!!
窓を開け呼んでいる。
車に乗るよう言われ助手席へ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 一樹と私の家の中間あたりの駅で待ち合わせた。私は電車。...

  2. 自分の仕事が終わり、急いで駅に向かう。前日のLINEでは...

  1. 「何時にする?」彼からのLineが届く。何...

    手紙

    • 9
    • 0
  2. とうとうヒデに会う日がきた。この日は子どもたちは妹の家にお...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/26 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3