Love Holic 〜恋愛中毒〜

彼氏とは付き合い7年目突入‼︎だけど太めの私を女性として見てくれる人達との恋愛記憶

  • 記事数 104
  • 読者 5
  • 昨日のアクセス数 9

一大決心2

しおりをはさむ

2016/11/30 23:54:26

  • 0

実は先週、
白髪抜いて
眉毛を整えるというメニュー、
1ヶ月に1~2回あるかないかぐらいの
お手入れをしてと言われた時に、
正直に話をした。
※ぶっちゃけこのメニューが唯一彼氏の
ことを触れる作業だった(笑)

なんか面と向かって言えないと思ってたから、
眉毛を整えている目をつぶっている時に、



なんで私達はHがないの?


〇〇(愛犬の名前)がいるから。


じゃあホテル行けば出来るの?


そんなお金どこにあんだよ。


お金はつくるよ。そうすれば出来るの?


.....



このやりとりをしただけだったけど、
私の今の気持ちを知ってもらえた!
ってことと、
これがきっかけで何か変わるかな?
って期待がふくらんでいた。




だけどでも全然そんな予兆もないし、
努力しようともしてくれない。




なんだかな…って思ってた矢先の
先週土曜日、日曜日。






結局、彼氏が起きることはなかった。



タイムオーバー。




もうなんかほんと身勝手。
チケット代も自分で払ってないからなのかな。
まぁそして私と行きたくないんだろうね。



それがヒシヒシ感じたから、
愛犬と会えなくなるかもしれないと
愛犬を抱きながら涙をコラえて
1階へ。
彼氏のお母さんに
申し訳ないんですが、体調が悪いので
もう今日は失礼します。
なので、〇〇(彼氏の名前)さんもまだ
寝てるので、〇〇(愛犬の名前)をお願い
致します。
と言いながら、愛犬をサークルに入れた。



それで彼氏の家を後にして、
1人でライブに向かった。
楽しみにしてたもん。



ライブは楽しかった。
久しぶりの1人。
やっぱり2人を知ってしまった後の1人は
キツイ。寂しい。


ライブが終わって携帯を見たけど、
着信なし。





次の日、会社が終わり、
いつもなら何事もなかったように、
彼氏に帰るコールをするけど、
もうここらへんで何か変化を、
何か行動を起こさないと
またありきたりな日々が続いてしまう、、


私がいないことを、
私の存在を感じて欲しいと思った。
あいつがいなきゃやっぱりだめだって。



なので、お母さんにメールをした。
いつも夕食を私の分まで
用意していただいているので。。


お母さん、昨日はすみませんでした。
実は〇〇(彼氏の名前)さんと
ケンカをしてしまい、
まだきちんとお話が出来ない状況でして、
また私が伺っても私がいることで
〇〇さんが夕飯を食べないということも
あるかもしれませんので、
〇〇さんと連絡がとれるまで
伺うのを控えたいと思います。
いつも勝手なことを言いまして
申し訳ございません。
〇〇(愛犬の名前)のこと、
宜しくお願いいたします。

という内容のメールを送信した。

お母さんからは、
わかったよ。
まったくわがままでごめんね。

という返信がきた。



これで少しは私の気持ち、
みんなわかってくれるかな?



結婚も出来ない、
同棲すら出来ない、
Hも出来ない、
ただただ時間が過ぎていくだけ。

私も1人でもいいから子供欲しい。
若くないんだよ。
責任とれよ。
なんで誰も彼氏の尻を引っぱたいて
くれないの?


そういう色んな思いで、
現在も結局、彼氏とは連絡とってません。


1番の願いは、
これを機に結婚の話が進むこと。

でも、ぶっちゃけ彼氏のほうから
連絡がくればいいかな。

甘い言葉なんていらないから、
私を必要だって、思ってほしい。
それだけ。



でもそれよりも何よりもぶっちゃけ
とにかく今は愛犬に会いたくて
会いたくてしょうがない。
涙が出てくる。
彼氏より会いたくて(笑)

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 「〇〇さんに外線です。お繋ぎいたします。」「お待たせしま...

  2. ただ一つの渇望するモノの為に、捧げよ! 百の仲間の上に、...

  1. いてもたってもいられなかった金曜か土曜に会えるかもと曖昧...

  2. ハヤトside6

    2015/09/24

    キスをしてからしばらくして花見シーズンになったあれか...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. 同棲中の彼と2週間離れるの怖い
  2. 正解かわからない子連れへの対応
  3. 人の金で親孝行するアナウンサー

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3