First Love〜バイオリン少女の初恋〜

バイオリン一筋だった私が高校生になり恋をしました…

  • 記事数 210
  • 読者 247
  • 昨日のアクセス数 56

厳しい世界

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/30 23:37:44

  • 38
  • 0

私が働きたいと思った音楽教室は、

「趣味」として習う方が多い教室でした。

両親は「専門的に教える教室のほうが良いよ」

と言ったのですが、私には「専門的に習う子」を

教える自信がありませんでした。

むしろ、バイオリンをさぼった時期がある私だから

こそ、「趣味」としてやる子に対しても

良い指導が出来るんじゃないか…と思ったことも

あり、こちらを志望しました。


面接に行くと…

「あなたの大学卒で、こんな教室の先生でよろしい

んですか???」と訊かれました。

「こちらで教えたいんです!!」と熱く語り、

自信満々で帰りましたが…

残念な結果でした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 先生がレッスンをしている教室のオーナーからピアノ教室を...

  2. 報酬

    12/01

    結局私の就職先は、「専門を目指す子のためのバイオリン教室...

  1. 小2でマドンナにハマリ、間もなくレディーガガにハマったひよこ...

  2. あの人=ハヌルの存在を知ったのは大学一年生の秋だった。1...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/24 編集部Pick up!!

  1. 50代女性のSNOW自撮り見て苦言
  2. TV撮影参加に嫌み言ってきた先輩
  3. 結婚したらまず話し合うべきこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3