ブログランキング26

Hypnotic

17歳の寄り道。

  • 記事数 246
  • 読者 1659
  • 昨日のアクセス数 13196

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/30 22:08:17

  • 160
  • 0

「……何してんのお前。バス通か?」

「小林先輩!?」


まさかこんな所で遭遇するとは思わず、頭の中は真っ白だ。先輩はお店の前のバイク置き場に自身のバイクを置いた。

「っ…、美咲ちゃんの動画消してくださいね!」

詰め寄るが、半ば呆れ顔の先輩。
そっちが悪いのになぜ呆れられないとならないのか実に苛立たしい。

「撮れてねーよ。ビビり倒してたしな」

「本当ですか!?」

「ああ。学校の女は撮れてねえよ」

学校の女?
引っかかる言い方をされるが、見せてもらわないと気が済まない。家にバックアップがあるかもしれないけど、まずは先輩のスマホを見ないと…

「スマホ見せてくださいっ」

「見たいの?ほらよ」

先輩がやけにあっさり見せて来たそれは、結愛ちゃんのしなやかな肢体が、浅黒い男の上で跳ねている姿だった。
喘ぎ声までが聞こえてくる。

「ひっ……」

私が息を飲むと、先輩はニヤリと笑って動画を止め、スマホをポケットにいれた。

「それ、誰が撮影を…」

「うっせえな。俺の女だからいいんだよ。それより、遥消えたな」

消えたという言い方にムッとした。
が、小林先輩を見ると、その表情には陰があって。

もしかして、先輩も寂しい?

「別れたんだろ?傷心なら男紹介してやろっか?」

「いらないですよ、遥とはずっと続いていくんです」

そう答えたら、びっくりするぐらい、小林先輩は穏やかに目を細め、煙草を取り出した。
あの深い青のソフトケースから一本。

シュボッとライターの音がする。


「体育館裏で、遥もたまに参加してたんだぜ。まあ、見てるだけだったけどな。チキンだから」

「え…」

「ターゲットに碧ちゃん推したら、遥が反対したの」

「………」


すると、握っていたスマホが震え出した。遥からだ。

「あっ、もしもしっ…遥?今ね、…」

小林先輩は私をトンとたたき、首を振った。

『碧?』

「……何でもない。…今、電話大丈夫?」


先輩は吸い殻を捨て、コンビニに入って行く。
私は、そんな先輩の後ろ姿に一礼し、遥と話をしながらバス停まで歩き出した。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 58

    10/17

    小林先輩は、ポケットからまた煙草を取り出した。先輩が手にし...

    Hypnotic

    • 107
    • 0
  2. 夜 5

    12/25

    「小林先輩が退学したの知ってる?」小林先輩の話か。少し...

    Hypnotic

    • 210
    • 0
  1. この街に来て、3ヶ月。港のあるこの街は、前にいた街と張るぐ...

    Hypnotic

    • 193
    • 2
  2. 146

    11/22

    大柄は、スマホを弄るとわざとらしく溜息をつく。「楽しい撮...

    Hypnotic

    • 135
    • 2

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/21 編集部Pick up!!

  1. 母が息子に結婚を急かす心理は
  2. 「障がい者は汚い」とい言う女性
  3. 「ありがとう」も言えない子連れ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3